方位(方角)別による窓のメリットをあげてみます。

こんにちは!福井県敦賀市の建築会社あめりか屋の失敗しない家づくりアドバイザーの篠原秀和です。

 
昨日ご用命いただき訪問したお宅の玄関先で、椿(ツバキ)の花がきれいに咲いていました。
本文とは全く関係ありませんが、キレイですね。^^
 
さて、昨日はなぜ南面の窓が一般的に一番いいとされているのか?について書いてみました。
 
↑というように、南面が一番いいと一般的にされているわけですが、では東面、西面、さらには北面はぜんぜんダメなのか?について書いてみたいと思います。
 
 
まず一番ダメだと言われる北面の窓ですが、日当たりは悪い、そのせいでジメジメしやすい…などと酷評されがちですが・・・
 
落ち着いた明るさが魅力。
そんなに明るさが必要でない人にとっては、直射日光は入らないが、間接光は入る(条件によりますが)ので、比較的安定したささやかな明るさが日中一定的にとれる。
そんなさりげなさが意外と落ち着くとの声も。笑
 
夏は他の方角に比べて暑くない。
もちろん日当たりが悪いからです。
 
北面が開けている土地(南面が隣の建物などにより日当たりの悪い土地)は南面に開けている土地よりも安いことがある。
コストが安いというのは大きなメリットですね。
 
カーテン、内装材、家具が日焼けしにくい
これも実はメリットなんですね。
 
 
 
そして次にダメだと言われる西面の窓です。
 
とにかく西日のイメージが悪くて、特に夏は最悪だなんて嫌がられがちですが・・・
 
午後の日差しが強いので、冬暖かい。
冬の午後の日差しの恩恵を最大限受けられるとも言えますでしょうか。
 
午前中はまぶしくない。
午前中寝ているというライフスタイルの方には、寝るのに適していますよね。
 
 
 
西面の窓よりも東面の窓はまだましとされているくらいで落ち着いていますが・・・
 
朝の日差しが健康的!
朝の日差しは早起きにいいですやね。
 
夏の西日より夏の東日のほうがいい
夏の西日はイヤだという理由は、気温が上がりきった午後から暑くなるということ。まだ気温が上がりきっていない午前中の日差しならまだ許せる?
 
朝の洗濯物はよく乾く
朝~午前中は東面が日当たりがいいですからね。
 
 
というわけで、南面以外の窓のメリットを考えてみました。もちろんメリットの反対側にはデメリットもありますが、そこは表裏一体というやつですね。悪いところを見るよりもいいところを見たいもんです。
 
とにかく南面じゃなきゃ絶対にダメっていう考えだけはとりあえずいったん外してもらうとイイかもしれませんね。
 
特に土地選びでは南面道路が絶対にいいという考えはやめたほうがいいと思います・・・。
 
詳しくはコチラの記事で。「失敗しない土地探しのコツ~南面道路の土地がいいんですか?~」
↑気になった方はぜひごらんくださいね~^^
 
 
 
 
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!^^

  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ