家づくりでいろいろ契約するときに確認したいこと

契約社会だよね

世の中契約社会ですな~。お金がからむと言った言わないでもめてもしょうがないですし、口約束で済まないことがたくさんありますので、契約が大事って話になります。

家を建てるときも、なにも無い状態で契約をします。(これを請負契約と言います。)

何もないところにお金をはらう(ローンを借りる)わけですからちゃんと書面で契約したほうがいいですからね。

dd80cbd1f378d0dcf43f90a54af1ea66_s

↑やっぱりハンコを押すときは少なからず緊張するもんです。

 

土地を買う時は契約

土地から買う時は土地にも契約があります。土地売買契約といって、土地を売る側と買う側(あなた)でかわす契約です。

不動産屋さんが仲介せずに土地を売る側が一般の方の場合もありますが、ほとんどが不動産会社さんが仲介して契約することになります。

ですので、ちゃんとした不動産会社さんが仲介してくれる・販売してくれる場合は、さほど心配ありませんね。

契約に書かれている内容は、

・土地の場所

・面積

・価格

・支払条件

・所有権移転登記の時期

といったところがメインになります。そこらへん打ち合わせした内容と違っていないか確認しましょうね。

 

家を建てる時も契約

家を建てる時も契約です。工事請負契約といって、住宅会社と建て主(あなた)がかわす契約です。

契約に書かれている内容は、

・工事請負代金

・工期

・支払い条件

・瑕疵担保責任

などが契約書に書かれているのでそこらへんは要チェックですね。また、

・図面

・見積書

も併せてとじられているのが一般的。その図面と見積書どおりの契約なのでそこがベースになります。

 

住宅ローンでも契約

そして住宅ローンを借りる時にも契約をします。金銭消費貸借契約といって、住宅ローンを申請して融資が正式決定になったあとで、金融機関と結びます。

難しいことがいっぱい書いてあるかもしれませんが、大事なことなので担当の方に十分確認してくださいね。

 

細かい文字まで全部読む?

でもこれらの契約書ってなんでもそうだけど、細かい文字でいろいろと書いてありますよね?汗

あれって全部読みます?

全部ちゃんと読みますっていう人は少数派かもしれませんね。

(お客さまの中には事前にちゃんと読むという方もいらっしゃいますが)

 

細かい文字を全て読むよりも

そんな細かい文字まで全て読んで分からないこと全て調べて・・・というのも大事ですが・・・

・契約する相手(住宅会社の人)をどれだけ信頼できているか?

・ちゃんと説明してくれているか?(よくわからないかもしれないけど。笑)

・この人が言うんだったら間違いないと思えるかどうか?

といった点の方がそもそも大事。

DSC_9153a

そんなことを大事にしてもらってあなたが不安のない安心した契約ができますように~

(写真と本文は関係ありません)

 

linebanner003

【シノハラFacebookグループ】

※ 「シノハラブログ愛読者の会」というこのぼくのブログを愛読している方が集うFacebookグループ(非公開)があります。気になる方はクリックしてみてくださいね。そして入りたい人はお気軽に申請してください~。

 

【あわせてこんな記事もおススメ】

※ 芝生のお手入れは大変?自分たちのしたい暮らしに芝は必要かどうか

※ どんな流れで家は建つ?注文住宅新築のスケジュール③

otoiawase

siryouseikyu

~今日の体重=85.8(-1.1)~


  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ