豪雨災害があったから今こそハザードマップを知る、活用する

豪雨災害

毎年のように起きる豪雨災害ですが、今年も起きてしまいましたね。100名以上もの方が亡くなったとのこと・・・。ご冥福をお祈りします。

S__63143983a

↑この写真は広島県の友人(日本JCの友人)から送られてきた写真です・・・。ビックリしました・・・。

と、そんな中、こんなニュースを見ました。

ハザードマップと重なった浸水域、それでも犠牲者防げず(ヤフーニュースより)

倉敷市ではハザードマップがあって想定していたにもかかわらず、犠牲者が多数出てしまった・・・ということ。

このような悲しい事態を繰り返さないように、自分たちがそれなりに対策したいですね。

 

敦賀市にもある

もちろん敦賀市にもハザードマップはあります。

DSC_1404aaa

敦賀市洪水避難地図 笙の川水系 洪水ハザードマップ

↑敦賀市のホームページからデータをダウンロードできます。(美浜町、若狭町にもあります)

このハザードマップを見れば、浸水した場合に想定される水深が書かれていて、なんとなくは分かります。(なんとなくですけど汗)

ただ悲しいことにこのホームページからダウンロードしても、データが粗いのでかなり見にくいんです。手元にない方は市役所で本紙をもらってもらったほうがいいですね。

 

活用する

しかし、今回の倉敷市での災害の際は、ハザードマップがあったにもかかわらずうまく活用されずに、大きな被害が出てしまったそうです。

どのように活用したらいいのか?書かれている活用方法を抜粋してかんたんにお伝えします。

・自分の家がどれくらい浸水する可能性があるのか?をまずは知る

・避難場所を確認しておきましょう

・避難場所へ行くまでに危険など無いか?調べておきましょう

・避難情報は敏感に、安全最優先で

・災害時、家族でどのような行動をするのか?話し合っておきましょう

最低限これだけでもしておくことをおススメします~。

 

家とは雨風を防いで家族の命を守るもの

そもそもですが、家は雨風を防いで家族の命を守るものです。

そんな家づくりに携わるものとして、自分のことだけじゃなく、お客さまの顔も思い浮かべながらこのブログを書いてます。

お客さまが安心して暮らしていただくためにも、万が一の備えの為にハザードマップのことを知り、安全最優先で行動していただきたくてこのようなブログを書きました。

日本では自然災害が起きる国です。どうしてもふせげない災害はあるかもしれませんが、防げる被害もあることでしょうから、それぞれが対策をすることが大事ですね~。

 

linebanner003

【シノハラFacebookグループ】

※ 「シノハラブログ愛読者の会」というこのぼくのブログを愛読している方が集うFacebookグループ(非公開)があります。気になる方はクリックしてみてくださいね。そして入りたい人はお気軽に申請してください~。

 

【あわせてこんな記事もおススメ】

※ 今日で緑に囲まれて暮らす平屋の家の完成見学会最終日です~

※ 平屋を建てられない理由と、でもうちでは平屋を多く建てているわけ

otoiawase

siryouseikyu

~今日の体重=85.3(-0.4)~


篠原秀和(シノハラヒデカズ)ニックネームはシノハラ(カタカナで。笑)
株式会社あめりか屋 代表取締役
一級建築士・住宅ローンアドバイザー
1977年6月23日生まれ
福井県敦賀市在住

2000年に日本大学卒業後、20代の頃は大手ゼネコンにて設計職と施工管理職を経験し、あめりか屋3代目として2007年から勤務。2011年頃から本格的に住宅事業を担当するようになり、業務は営業というか楽しいステキなお家づくりのプロデューサーをしています。
また自身のブログは2013年4月から毎日更新中。
・・・というマジメな仕事ぶりとはまた違った一面を持っていて、SNS(Instagram、twitter、Youtube、Facebook、TikTok)では楽しくてクスっと笑える投稿を日々発信中。ぜひフォローしてやってください。