畳スペースの段差あり・段差なしは、メリット・デメリットから相談する

畳スペースの話

何年もかなり前から、本格的な和室がない家も多くなってきています。それがいいか悪いとか好きか嫌いかとかは別にして、そういう流れになっている現状があります。

しかし、和室っていう和室は無くても、畳が敷いてあるスペースは欲しいな~っていう方も多いです。

畳でゴロンとするのもやっぱりいいもんですし、小さい子どもがいるときは重宝するもんですし、泊まる人に寝てもらうスペースにすることだってできますしね。

11

シノハラLINEスタンプはまだじみ~に月に2~3個どなたかが買っていただけてます。ありがとうございます!↑

 

段差あり?段差なし?

ということで、本格的な和室じゃなくてリビングとつながった畳がしいてある空間を3畳くらいで設けることも増えてきてるんですね~。

そんないわゆる「畳スペース」を設けるとき、みなさん迷うのが・・・。

段差をつけるか?

IMG_4597a

段差をつけないか?

IMG_3203a

ということ。

それぞれのメリット・デメリットをあえて並べてみますので、参考にしてくださいね~。

 

段差ありのメリット・デメリット

【メリット】

〇収納ができる(写真のように引き出しにもできる)

〇段差にベンチのように座れる(リビングのソファーに座る人と目線が近い)

〇寝転んでも地べた感が比較的ない(これ以外と盲点だけどけっこう大事)

〇天井が低くなり「こもり感」が出て居心地がいい

など

 

【デメリット】

×掃出窓に面している場合、地面との段差が高くなるため外への出入りがしにくい

×天井が低くなり空間が狭く感じることも(メリットの逆に捉える方もいるという例です)

×つまづくし、落ちる(バリアフリーじゃない)

×段差無しよりも収納をつければそりゃコストが少しはかかる

など

 

段差なしのメリット・デメリット

【メリット】

〇段差がない=つまづかないし、落ちない(バリアフリー)

〇部屋がより広く見える傾向に

〇フローリングと畳をまたいで家具とか置くこともできる(あまりキマらないけど・・・)

など

 

【デメリット】

×空間にメリハリがなくなることも

×段差ありのメリットがない

など

 

どっちにしますか?

さて、畳スペースを設けるならどうしますか?

そもそも畳スペースをどんな使い方にしたいか?(子どもが遊ぶ空間、来客時の寝るスペース、ゴロンところがってTV見る・・・など。)という点が大事。

このメリット、デメリットを参考にしてもらって、まずはご夫婦で話し合ってみてくださいね~。

それがまずは大事です。

 

最後に

このようにぼくのブログには家づくりの基本的なことをたくさん書いてます。(書いてないときもありますが・・・笑)

ブログカテゴリーで興味のある項目は、ぜひいくつかチェックしていただいて、それを参考にご夫婦で話し合ってくださいね~~。

ブログでは話し合いをしやすいように結論をなるべくフワッとまとめてるので。

Djz2DbKUUAAK3NX

さ、家づくりはやっぱり話し合いざんまいやで!!!

ざんまい!!!

 

linebanner003

【シノハラFacebookグループ】

※ 「シノハラブログ愛読者の会」というこのぼくのブログを愛読している方が集うFacebookグループ(非公開)があります。気になる方はクリックしてみてくださいね。そして入りたい人はお気軽に申請してください~。

 

【あわせてこんな記事もおススメ】

※ 子ども部屋を大きな1部屋にしておいて数年後2部屋にリフォームする

※ 廊下を減らすメリット・デメリットまとめ

otoiawase

siryouseikyu

~今日の体重=86.1(-0.2)~


  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ