言ってることの背景や目的をとらえることの大切さ

こんにちは!福井県敦賀市の建築会社あめりか屋の失敗しない家づくりアドバイザーの篠原秀和です。

株式会社あめりか屋HP

http://www.amerikaya-arc.com/

暑いですね~。
こう暑いとよく言われるのが、熱中症。
熱中症対策には、やっぱり・・・
アイス!
ではなくって・・・笑
水分と塩分!
ですよね!!
・・・
2004年の夏、ぼくは鹿島建設の現場監督の一年目として東京は国分寺にある現場に勤務していました。当時、鬼のように厳しい課長の元で働いていたことは、以前このブログでも書いたところですがこんなことがありました。
※そのブログとは、「ぼくってこんな感じで働いてきました~東京編~篠原秀和自己紹介」です。この後の展開が分かりやすいのでぜひごらんください。
建設現場というのは、熱中症の危険が常に潜んでいます。炎天下でヘルメットをかぶって汗をだらだら流しながら仕事に熱中して、気合と根性で少々気分悪いのを無理してしまったら・・・かなりの確率で熱中症になってしまいます。
ですので、現場監督の仕事の一つとして、現場で働く人(職人さん)の熱中症対策も含まれるわけです。
そこで、以前のブログにも書いた厳しい課長が・・・
「塩買っとけ!しおー!!おらーー」
と言われて、即効で
「はい!わかりました!!」
と言って買ってきたのが、コレ
ご家庭でよく見る食卓塩
これを課長に見つかった時、この瓶を叩き付けられ
「ばかやろー!このやろー!!タコがコラ!!!」
と怒られました。
そうです。現場で職人さんが休憩時間にこんな塩をなめるわけがありません。現場で熱中症の塩と言ったら
こんなやつなんですね。シオタブ。これを飲み物と一緒に飲みこむわけです。
当時はそんなことも知らなったぼくですが、よく考えてもみたら、現場でこんな食卓塩を使うわけがありません。このブログを読んでくれている人の中には、その課長の指示方法も良くない=知らない人にものをお願いする方法が悪い、と思う人もいるかもしれませんね。
でも、よく考えたらご家庭の奥さまに言われて塩を買ってくるわけではなく、現場で働く現場監督の上司に言われて塩を買ってくるわけなんです。
よく考えていなかったんですね。ぼくは。
その人の言ってることの背景(=現場監督であるということ)や目的(=熱中症対策のため)を考えたら、分からないなりにもこんな間違いはしなかったんじゃないかな~と。他の先輩に聞けば分かりますし。
そんな環境で鍛えられて、「言ってることの背景や目的をとらえることの大切さ」を知らず知らずのうちに習得せていただきました。
今ではそれが少しは活かせている気がします。ホントにありがたいことです。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!^^
今日の体重=85.7kg(-0.0)~
↓↓↓おもしろかった、へ~そうなんだ~、と思ってくれたかたは下↓↓↓のfacebook・twitterボタンをクリックしてもらうと嬉しいです↓↓↓

  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ