PM2.5が家の中に入ってこないようにする方法

こんにちは!福井県敦賀市の建築会社あめりか屋の失敗しない家づくりアドバイザーの篠原秀和です。

 
最近、PM2.5が、日本まで風に乗って来ているとかなんとかよく言われますよね。読んでくれているあなたもそんなニュースを聞いたりしてると思うので、少なからず興味のあるところかと思います。
 
実際に家づくりをしていますと、お客さまの中には家の中にPM2.5を入れたくないという声をたまにいただきます。
 
そこで、家の外でPM2.5がどれだけ存在しているのか?ということは置いておいて…失敗しない家づくりアドバイザーとして、「家の中にPM2.5を入れない」ということを考えてみましょう。(空気清浄器とか、空気清浄機能付エアコンとかそういう観点もありますが、ここでは家の中に入れないというテーマに絞りましょう)
そもそも、家には換気が必要です。
 
昔の隙間が多い日本の住宅であれば自然と換気されていましたが、ここ最近の高気密化により断熱性が向上した反面、自然とできていた換気ができなくなってしまったのですね。そこで、換気を強制的にしなくてはならなくなってしまい、それが24時間換気ということで法律で義務化されているんですね。
 
つまり家の空気を機械で強制的に換気しなきゃいけなくなったというわけです。
 
そこで住宅において換気をするという方法はいろいろとあるんですけど、最も多く採用されるのが以下の換気方法です。
 
換気扇を洗面脱衣室や廊下やどこかにつけた換気扇で空気を排気する。排気するということは給気が必要になるので、部屋の要所に空気の給気口(基本的には外壁に穴をあけているだけのもの)を設けて、空気を取り入れているわけです。
 
これが最も安価で、これまで最も多く採用されているやり方なんですねぇ。
 
そこで問題がこの空気の給気口・・・。PM2.5を含んだ空気が入ってきちゃうんじゃないか・・・という心配がでてきますよね。
 
そうなんです。基本的に防虫網程度しかないので、PM2.5くらいの微細な大きさですと普通の給気口では入ってきちゃうわけです。
 
じゃあ、マスクみたいにこの給気口にPM2.5対応のフィルターを貼り付けたらいいのでは!?と思ってはみたもののすが、そんな細かいフィルターをつけると空気がつまってしまって通らないという問題がでてくるんです!!
 
 
そこで、それを解決してくれるのが・・・
 
ファンをつけた給気口
ファン「給気口がんばってーーー!!!」と応援しましょう
・・・って違いますよね。笑
ファン(イメージです。こんな風をおこす機械のこと。)
こんな感じのファンで風を起こして、PM2.5対応のフィルターを通過した空気を取り入れるという方法があるんですよ。

  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ