なぜ失敗しない家づくりアドバイザーなのか?

こんにちは!福井県敦賀市の建築会社あめりか屋の失敗しない家づくりアドバイザーの篠原秀和です。

 
自立する名刺たち

名刺のこの写真よりは痩せたし、そろそろ名刺を作り変えようかなぁ~。また宣材写真撮るかなぁ~。一人で。笑
※前回の宣材写真を撮った時のブログはコチラ↓
http://amerikaya.exblog.jp/19951741/
2013年3月の記事です。
 
 
さて、この名刺にも書いてありますが、なぜ失敗しない家づくりアドバイザーとぼくが名乗っているのか?
 
その理由の一つとして、この日本では、家を建てて、「失敗した…」「こんなはずじゃなかった…」と後悔している人がとても多いという事実があるからです。
 
それは生活水準や、それぞれの性格にもよりますが、家づくりはそもそも初めてのことですので、知らないことばかりです。その知らないことをやるわけですから、失敗したとか、こんなはずじゃなかった…と思うことも出てくるのもある意味当然なわけです。
 
しかしそれを防ぐというか、失敗しないためにアドバイスをすることが家づくりをする会社の最低限の役目だと思っています。
 
・リビングの広さが狭すぎた
・季節ものの収納場所が無かった
・洗濯物などの家事動線が遠い
・トイレの音がダイニングにダイレクトに聞こえる
・買った土地は朝と夕の交通量が意外と多かった
・学校には近いからと買った土地が買い物したり生活するのは不便だった
・頭金がなかなか貯まらなかったから、子どもが小学校に入学しても家を建てようと思えなかった
・諸経費の存在を知らなかったから資金が足りなくなった
 
・・・などなど。
 
ここにあげた失敗例のはほんの一部ですがいろんなことを家づくりを通してご家族と一緒に歩みながら、その場面場面でアドバイスすることが必要なんですね。
 
ぼくたち家づくりをしている会社は「いい家を作っていればいい」とだけ思っていてはいけないと思っています。
 
「いい家をつくるのは当たり前で、そのうえでお客さまご家族の幸せをつくる。」これはいつも言ってることですが、ただ、家を売っているわけじゃなく、そのご家族が家を通して幸せになってもらうために仕事させていただいているのですから。
 
だから失敗しない家づくりアドバイザーと名乗るのはしごく当然の役目かと思っています。
 
最後に・・・
ということを発信していることもあり、最近は土地探しや資金計画からご相談を受けるケースが増えてきています。失敗しない家づくりのためには、家を建てることだけじゃなく、土地探しや資金計画などのいろんなアドバイスをさせていただくことが必要なんですね。
・・・ですので、家を建てようかな~って思い始めたら相談してくださいね^^

  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ