中古住宅を「かっこよく」リノベーションするという住まいづくり

こんにちは!福井県敦賀市の建築会社あめりか屋の失敗しない家づくりアドバイザーの篠原秀和です。

 
リノベーションってご存知ですか?
 
古い建物に大規模な工事をして、性能を向上させたり、かっこよくしたりという価値を高めたりすることを言います。(ここでのかっこよくするというのが今日のキーワードです)
こんな感じで古い家が広々&かっこよく・・・。

さて、一緒にされがちなリフォームとは何が違うのでしょうか?
かんたんにいうとリフォームは古い建物の老朽化したところや悪くなったところを修復することを言います。
例をあげて説明すると・・・
リノベーションは、間仕切り壁をとっぱらってLDKをひろくしたり、構造体をむき出しにして無垢材をふんだんにつかってかっこよくしたりというイメージ。
リフォームは、トイレを和式から最新の洋式トイレに入れ替えたり、内装をやりかえたり、外壁の塗装をしなおししたりというイメージ。
※あくまでイメージです。かんたんに考えてくださいね。あ、分かりやすく言うと、劇的ビフォーアフターはリノベーションですかねぇ。
てなことで、リノベーションとリフォームは同じじゃなくて違う言葉なんですよ~。
・・・あ、もしかして、リノベーションとかリフォームとか、そんな言葉の違いだなんてどうでもいい!って思ってませんか?汗
そうですよね~お住まいを計画する方にとって、そんな言葉の違いだなんてどうでもいいですよね~。笑
しかし!しかしですよ!この言葉の違いはバカにできないんです!!なぜかというと・・・
時代背景として、いまの日本は中古住宅つまり空き家が増えています。今後ますます増えてくる・・・と言われているんですね。そんな中、なんとか空き家を減らしていこうという国の狙いもあり、中古住宅をなんとか流通させたいわけです。
ただ、ここで一つ考えてみてください。
あなたがもし若夫婦だとしましょう。(たとえどんな年齢のあなたでも若い人になってみてください。ここでの若い人の設定年齢はお任せします)そんな若夫婦のあなたが住まいに対する夢も持っていて、憧れのマイホームが欲しいわけです。
そんな若夫婦が、古い空き家を買ってリフォームする(外壁を塗りかえして、内装を変えて、キッチン・お風呂・トイレを新品に入れ替えする)だけでは満足できなくて、「もっとカッコいい家がいい!」と思ったりするかもしれませんよね。だから、やっぱり土地も買って、新築もしたい!となるのもうなづける話じゃないですか?
そこで、リノベーションです。このリノベーションでかんたんにいうとかっこよくするわけです。(極端に言ってますあえて)かっこよくなった中古住宅ならそれもステキ!と考える若夫婦もいますよねぇ?
だから巷では、リフォームじゃなくて、リノベーションするという言葉を使われてるわけなんです。
しかし、リノベーションするというのは限界もあるケース(大きさ、性能、大枠でのデザイン、けっこうお金がかかった)もあるわけですが、それでも大注目の住まいづくりなんですね。
あなたの幸せな住まいづくりにお役立ちできることを願って・・・。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!^^
今日の体重=85.7g(-0.5)~
↓↓↓おもしろかった、へ~そうなんだ~、と思ってくれたかたは下↓↓↓のfacebook・twitterボタンをクリックしてもらうと嬉しいです↓↓↓

  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ