施工マニュアル・第3者検査を実施して品質のよい家づくりをする

褒められました

昨日のISOの審査員の方と話している中で、うちの会社独自で取り組んでいることを褒められました。

それは一年ほど前から取り組んでいるマニュアルと第三者検査機関についてです。

DSC_4649a

このマニュアル(木造住宅工事 標準施工手引書)を見て、素晴らしいと言ってくださいました。

職人・技術者不足が叫ばれている昨今、今後ますます施工体制が整わないことも危惧されている中、現場での品質低下が危惧されます。

ですので、こういうマニュアルを独自に策定したんですね。

DSC_4650a

中身は社外秘になっているのでモザイク。笑(この画像、意味ある?笑)

 

マニュアルにのっとった施工

現場での施工というと職人さんが工程によってそれぞれのパートを受け持つため、その職人の腕に頼りがちに。

ということである意味職人任せになってしまいがちな現場ですが、これから職人が減ってしまい技術が乏しい職人さんにお願いせざるを得ない状況も考えうるわけです。

しかしそうなったとしても、このマニュアルにのっとった施工をしてもらえばいいとなるように、このマニュアルを作ったんですねぇ。

 

第3者検査を実施

そして職人さんが作業したものを、途中段階で「本当にいいものか?」と検査することがぼくらの役目です。

この検査を自社でするのは当然のこと、第3者の専門家にも依頼して検査してもらうことにしています。

IMG_2806a

法律上や瑕疵担保責任で必要な検査以上の検査をしています。

 

実際の現場が悪かったら結果いいものができない

どんなにモデルハウスが素晴らしくて、どんなに図面がよくて、どんなに性能がいいものを使っていたとしても、実際の現場での施工が悪かったら、結果いいものができません。

実際の現場での施工をよりよくしたい、ちょっとしたミスも無くしていきたいという思いからこういう取り組みをしているんです。

現場重視の決意の表れでもあります。

 

気持ちが大事

施工マニュアルをつくり、検査も厳格化して、ごまかすことのないさらに品質の高い家を建てていこう!という話なわけですが、一番大事なのは「気持ち」であります。(ここで敢えて精神論です。笑)

現場に携わるぼくら社員、職人さん、納入業社さんもどんな人も、仕事だしボランティアでもないので、採算が合うようにしたいわけですが、やっぱり根本には「自分に誇れるいい仕事をしたい」という気持ちが大切です。

そういう忘れてはいけない初心のようなものを、ぜひ持っていてもらいたいなと。

そんな話をぼくは職人さんにいつも話します。

DSC_4657a

マニュアルにはそこまで書いてないけど、とても大事なところ。

 

最後に

そんなマニュアルを熟読するぼくからは以上です。

DSC_4658a

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

 

linebanner003

【シノハラFacebookグループ】

※ 「シノハラブログ愛読者の会」というこのぼくのブログを愛読している方が集うFacebookグループ(非公開)があります。気になる方はクリックしてみてくださいね。そして入りたい人はお気軽に申請してください~。

 

【あわせてこんな記事もおススメ】

※ 法人会青年部で岐阜へ行ってきました

※ ちょっと難しいご依頼だけどいい人だし「がんばろう」と思った話

otoiawase

siryouseikyu

~今日の体重=87.2(-0.6)~


  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ