動線のいい間取りって実際は収納を無くしてたりするけど大丈夫?

動線のいい間取り

家づくりを計画し始めるとこんな言葉を聞いたり見たりするかもしれません。

「動線のいい間取り」「家事楽動線」「動線がスムーズに」

動線とかあまり意識して暮らしてないでしょうが、ここ数年はよく取り上げられるようになりました。

注文住宅でせっかくオーダーメイドで間取りを決められるなら『暮らしやすい間取り』にしたいもんですし、暮らしやすい間取りには家族それぞれの動きがスムーズになることが重要です。

 

動線のいろいろ

そんな動線についてですが、例えばこんな考え方があります。

「キッチンは娘と一緒に料理できるようにアイランドキッチンにしてぐるっと回れるようにしたい」

「朝お風呂に入るお父さんがいるので、脱衣室と洗面室をわけたい」

「洗った洗濯物は重いのでなるべく運ばずに干したい」

「収納を通り抜けるようにして家族みんなが使いやすいようにしたい」

「シューズクロークをつくって、来客と家族の玄関を区分けしたい」

など

 

動線のいい間取り例

そんな動線のいい間取りですが、事例をひとつあげてみますね。

bbbrewga1512aassaa

赤い線で動線を書いてみましたが、アイランドキッチンでまわりをぐるっと動けますし、洗面脱衣室から物干し室へはすぐ行けますし、通り抜けだってできますね。

一例に過ぎませんが、これも動線がいいと言われる間取りになるかな~って思います。

しかし、動線がいい反面こんなデメリットがあるんです!

 

動線がいいけど、収納が減る

その動線は収納スペースを削ってできているかもしれません。

例えばこの黄色で囲ったスペース。

bbbrewga1512aassaa1

動線にせずに行き止まりにすれば、収納スペースとすることができます。

さらに・・・

 

動線がいいけど、コストが増える

その動線はいいけど、コストが増えている要因になるかもしれません。

例えばこの緑色で囲ったスペース。

bbbrewga1512aassaa3

ぐるっとまわれる動線にせずに、この分の面積を削ってコストダウンにつなげることもできますね。

 

最後に

動線のいい間取りにはぜひしてもらいたいんですけど、やはりメリット・デメリットは何事にもあるということで、動線がよくした場合のデメリットになる可能性を敢えてあげてみました~。

もちろん家族の人数や生活時間帯にもよりけりなので、どんな動線を優先したいのか?バランスよく考えて、自分たちにとって一番いい間取りにいきましょうね~。

 

linebanner003

↑LINE@からもお問い合わせはお気軽にどうぞ

【シノハラFacebookグループ】

※ 「シノハラブログ愛読者の会」というこのぼくのブログを愛読している方が集うFacebookグループ(非公開)があります。気になる方はクリックしてみてくださいね。そして入りたい人はお気軽に申請してください~。

 

【あわせてこんな記事もおススメ】

※ 土地代金以外にかかる手数料や税金などの目安まとめ

※ 土地購入注意点チェックリストまとめ

otoiawase

siryouseikyu

~今日の体重=87.3(+0.5)~


篠原秀和(シノハラヒデカズ)ニックネームはシノハラ(カタカナで。笑)
株式会社あめりか屋 代表取締役
一級建築士・住宅ローンアドバイザー
1977年6月23日生まれ
福井県敦賀市在住

2000年に日本大学卒業後、20代の頃は大手ゼネコンにて設計職と施工管理職を経験し、あめりか屋3代目として2007年から勤務。2011年頃から本格的に住宅事業を担当するようになり、業務は営業というか楽しいステキなお家づくりのプロデューサーをしています。
また自身のブログは2013年4月から毎日更新中。
・・・というマジメな仕事ぶりとはまた違った一面を持っていて、SNS(Instagram、twitter、Youtube、Facebook、TikTok)では楽しくてクスっと笑える投稿を日々発信中。ぜひフォローしてやってください。