土地は外から見て考えるもんじゃない、中に入って感じるものなんだ

プランニング依頼を受けて

昨日は先日初めてお会いさせていただいたお客さまからプランニングのご依頼をいただきましたので、土地(建設予定地)を見に行ってきました。

DSCPDC_0000_BURST20190204143657550

これは長い巻尺で土地の間口(道路に接する距離)を測っているところの写真です。(奥にジムニーシエラが写ってますね)

 

現地で確認すること

現地を見に行くときは、こんなことをしています。

・敷地の寸法を測ります(測量図があって境界杭が入っているときは安心ですが、そのいずれも無い場合は想定で測ります)

・電柱・電柱の位置を見て建物へ引き込みするのに問題ないかどうかを確認します

・上下水道の引き込みの確認

・土地の高低差が問題ないかどうかの確認

・前面道路の確認

・隣地建屋の窓の位置や雰囲気を確認

・今計画に影響ありそうな障害物(ブロック塀など)はないか

・周辺の環境の雰囲気を確認

などなど。

 

感じること

ということで、そんなのを見てくるわけなんですね。

今は便利なのでグーグルマップである程度リサーチできますが、やはり現地に行かないと分からないことが多々ありますし。

そして行かなきゃ絶対に分からないぼくが大事にしていることが・・・

DSC_6860a

感じること。

 

don’t think. feel!

あのブルース・リーの名言でもあるように

「don’t think. feel!」

なんですよね。

DSC_6859a

「考えるな、感じろ!」・・・ってな。

 

住んでみたら中から見ることがほとんど

なぜかというと、実際に住んでみて大事なのは家の中。家の中から外の眺めや、その土地全体の居心地、そんな感覚が大事ですからね~。

ですので、外から見て考えていないで、現地に立って感じること。

DSC_6858a

そんな視点を持つといいですよ~

 

最後に

さて、ここでみなさん気づかれたでしょうか。

上の3枚の写真は全て同じ写真のように見せかけて、実は3枚とも別々の写真です。

とりわけ最後の3枚目は、足元が悪くふらついているその瞬間を撮影された一品であります。

ええ。

どうでもいいことを敢えて最後にブッコんでしまいまして、もぉしわけありません!!!

 

linebanner003

↑LINE@からもお問い合わせはお気軽にどうぞ

【シノハラFacebookグループ】

※ 「シノハラブログ愛読者の会」というこのぼくのブログを愛読している方が集うFacebookグループ(非公開)があります。気になる方はクリックしてみてくださいね。そして入りたい人はお気軽に申請してください~。

 

【あわせてこんな記事もおススメ】

※ 楽しんで仕事するのは、不真面目や楽(ラク)をするのとは違う

※ 家づくりは不安を楽しみに変えてもらいたいな~といつも思ってます

otoiawase

siryouseikyu

~今日の体重=86.6(-0.4)~


  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ