動線設計は家族の動線がまず大事だけど、来客時も想定してみよう

動線設計

さあ、今日は動線について一緒に考えてみましょう!

注文住宅の新築は間取りが自由になるというメリットがあるので、暮らしやすい動線にすることができるので、どうせなら動線は良くしたい!

「洗った洗濯物は重いのでなるべく運ばずに済ませたい」

「収納を通り抜けるようにして家族みんなが使いやすいようにしたい」

「家に帰ったらすぐ買物したものをテーブルに置けたらいいな」

「歳をとったら1階だけで生活が完結できたらいいな」

など、他にもたくさんあるかもしれませんね~。

そこには家族の動線のことがほとんどになってきますが、実は来客時のことも一旦考えてみたいもんです。

 

応接間があればよかったけど

そもそも、昔の、特に田舎の大きなお家だと、応接間・客間がある間取りがある意味当たり前でした。

5ea9d47b0a51fdb987b60a3e906f909b_s

こんな6~8畳間の応接間的な・・・。笑

でも、最近はこういう応接間はほとんど設けません。その理由としては、利用頻度が低いものに予算をかけたくない、普段使うリビングや水廻りスペースを優先したい・・・と言ったところでしょうか。

ただ、こういう応接間が玄関の近くにあれば(たいてい玄関からすぐいけるところにあるはずです)、来客時の動線というものは考えなくて済みます。

来客は応接間で完結するので。

 

来客時の動線

ただ、応接間の無い現代のおうちでは、来客時の動線をチェックしたいものです。

以下のチェックポイントを一旦考えてみましょう。

・お客さんがトイレに行くとしたらどういう動線になるのか?

・お客さんの動線で通過してもらいたくないところ、部屋はあるか?

・お客さんの動線で見られたくないものが見えないか?

・トイレなど音が聞こえてしまうとイヤなところとかは許容できる範囲かどうか?

・お客さんが泊まるとしたらどうする?

など。

 

テーマを持って間取りを見る

こういうこをを伝えたのは、間取り図をフワッと見てもなかなか気づかないかもしれませんが、「来客時どう通って、トイレに行くときはどう通るだろうか・・・」というテーマを持って見ると、気づくことがあるからです。

もしかしたら、

・奥さまがお友達とダイニングでお茶している時に、トイレの音がけっこう聞こえてしまったり

・ご主人の同僚が遊びに来た時に、キッチンの内側の片付いてないところが見えてしまったり

・子どもの友達が遊びに来て子ども部屋に行くために、ゆっくり寝ている目の前を通ったり

するかどうか?って感じで。

とにかく何のために今図面を見ているのか?を意識するだけで、ぜんぜん変わるんですよ~。

 

自分たちはどうなのか?を相談する

ただ、これらのチェック項目をすべてOKにしようとしたら

「玄関入ってすぐ行けるところに応接間的な和室を設けて、来客専用のトイレを設けて・・・」

ということに結局なっていきます。汗

ただ、そうともいかないので、自分たちはどうなのか?どこまでなら自分たちは許容できるかな?ということを夫婦で相談することが大事なんですね~。

 

最後に

以上、来客時の動線について一旦考えてみてはいかがでしょうか?というお話でした~。

こんな感じで間取りの考え方、ポイント、悩みを解決みたいな記事を過去にもたくさん書いてるので、よかったら読んでみてくださいね~~

注文住宅の間取り・プランの作り方

 

linebanner003

【シノハラFacebookグループ】

※ 「シノハラブログ愛読者の会」というこのぼくのブログを愛読している方が集うFacebookグループ(非公開)があります。気になる方はクリックしてみてくださいね。そして入りたい人はお気軽に申請してください~。

 

【あわせてこんな記事もおススメ】

※ トイレの入口はドア・引き戸どっちがいいの?

※ 玄関からすぐ階段で2階の子供部屋に行ける間取りはダメ?

otoiawase

siryouseikyu

今日の体重=88.9(+0.2)~


  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ