キッチンは料理をするだけの場所でなくなりいろいろ進化している

昔は台所だった

住宅業界で働くぼくらが普段使う言葉や図面に書く名称はどれをとっても、台所ではなくキッチンという表現をしています。

大昔の台所というとこんな土間にかまどが並んでいるような配置でした。

f902815443b6dde1c2294971194307da_s

そして昭和あたりではかまどはなくなったものの、北側の区切られた部屋で調理をする部屋というようなイメージがありますかね。

1db3ffb7c7fcaf810485bd0ae359bd4d_s

こんな感じで北側の暗いところに、区切られていている・・・というような。

 

北側にあるのは日に当たらないようにするため

ただ、これにはちゃんと理由があります。

冷蔵庫も無かった時代には、日に当たると食べ物が悪くなるからあえて北側の日があたらないようにしていたんですね。

ある風水では、台所を西や南西の配置にするのはダメだというものもありますが、これは実際に西日に食べ物があたって腐らないように・・・ということからきていると言われてもいます。

風水ってそもそもそういった現実的な理由からきているものもたくさんありますからね~。

 

料理するだけじゃない

そんな今や台所は「キッチン」という呼び名になるとともに、「料理をする場所」というだけではなく、いろんな考え方が加わってきました。

リビング・ダイニングとつながり、

南に面した窓をのぞみながら料理ができ、

リビングでくつろぐ家族とコミュニケーションがとれ、

子供たちと一緒にキッチンに立つことができる

そんな料理するだけじゃない空間になりました。

さらには

アイランドキッチンだと、もはやリビングの中心にキッチンがあってもいいとなります。

CUBE_850

トーヨーキッチンHPより

 

オープンなキッチンが全てではない

もちろんこんなにもオープンなキッチンが全ていいというわけではありません。

昔ながらの北側の区切られた部屋にする場合のメリットも当然あります。

ダイニングと仕切られているので、臭いや、料理や水の音、片づけていない雑然とした状況をダイニング側からはある程度気にならないですからね。

でも、リビングとのつながりも欲しい、リビングともコミュニケーションを取りやすい空間にしたい・・・ということで、今は対面キッチンがスタンダードになっていますね。

あめりか屋様20190311_0014

『ちょうどいい高さの吹き抜けが居心地いい家』完成写真施工事例

完全オープンではなく立ち上がりをつけたり、コンロ前に壁をつけたりと。

 

最後に

そんな台所からキッチンへと進化してきた歴史を振り返りつつ、プランニングの話も少しふれました。

これまで時代とともに変わってきただけに、やっぱり今後も変わっていくと思います。

断熱性能も向上していますし、冷暖房や脱臭機能も発達していることですし、もはや部屋という概念がなくなりキッチンの横で寝るという間取りへと進化していくかも?しれませんね。ぼくはいやですけど。笑

02

シノハラLINEスタンプ絶賛発売中

 

banne062223newww320

linebanner003

【シノハラFacebookグループ】

※ 「シノハラブログ愛読者の会」というこのぼくのブログを愛読している方が集うFacebookグループ(非公開)があります。気になる方はクリックしてみてくださいね。そして入りたい人はお気軽に申請してください~。

 

【あわせてこんな記事もおススメ】

※ 常緑樹の定番のシマトネリコ株立ちだけど、葉が落ちないことはない

※ お客さまのことを知らないのでいろんな話を聞かせてください

otoiawase

 

siryouseikyu

~今日の体重=88.3(+0.8)~


  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ