夏はさらりとする無垢フローリングで特に針葉樹がおススメ

裸足がいいっていう人多いですよね?

家ではスリッパを履くという方もいるかもしれませんが、ぼくは断然裸足派。冬でも裸足です。

昔、偏平足ぎみと言われたことありますけど、いつも裸足です。

00258af087622dc1b51860fe1858ba4c_s

↑これはぼくの足ではありませんが。(言わなくても分かるか。笑)

ということで?、ぼくみたいにやっぱり裸足がいいよね~っていう人って多いかと思いますが、そんなあなたにひとつ提案をさせていただきます。

 

裸足には無垢の床がおススメ

家では裸足で過ごすにはおススメなのが無垢のフローリングです。

無垢じゃなくて、合板を張り合わせたような表面にシートがはってあるものや、傷つきにくくなるような強化コーティングしてあるものだと、どうしてもペタっとした感触になってしまいがちです。

さらには夏の時期なんか特にそれを感じますよね~。

裸足が気持ちいい(=感触がいい)のは、無垢の床(自然塗料仕上)でしょうね。

 

特に針葉樹で自然塗装品がよい

ただ、無垢の床といってもいろいろあるんですけど、なかでもぼくが個人的に裸足で気持ち良さを感じるのが、杉やヒノキやパインなどの針葉樹の無垢のフローリングですね。

IMG_0577a

※これは無垢のパイン(節あり)のフローリングです。

しかも表面がウレタン塗装のようにハードコーティングしたものじゃなくて、なるべく自然な状態になる自然塗装のほうがより感触はよくなります。

 

なぜ針葉樹が感触がいいの?

なぜ針葉樹がいいのか?というと、柔らかいから。

針葉樹は成長が早いものが多く、成長過程で空気が多く含まれます。その結果空気が多いため柔らかいという特性があるんですね。

そして柔らかいから裸足で歩くととても気持ちいいんですね。

あ、ただ、逆に柔らかいので傷つきやすかったりもします。そこを許せるなら針葉樹はいいですね。

 

最後に

ということで、床の選び方は見た目やメンテナンスや色とかだけじゃなくて、裸足で歩くのにいい=感触の気持ちよさで選ぶっていう考え方もありますよ~。

夏の今だからこそ、こういうのもいいよな~いいよな~っていいながら選んでいきましょうね!

 

linebanner003

【シノハラFacebookグループ】

※ 「シノハラブログ愛読者の会」というこのぼくのブログを愛読している方が集うFacebookグループ(非公開)があります。気になる方はクリックしてみてくださいね。そして入りたい人はお気軽に申請してください~。

 

【あわせてこんな記事もおススメ】

※ 風とおりのよい家にするための5つのポイント

※ 大きな部屋を間仕切る引き戸(2枚、3枚)は白にすると壁っぽく見えるよね

otoiawase

siryouseikyu

~今日の体重=87.7(+0.2)~


  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ