適材適所は木材が建築で性質に合わせた使い方をしてきたから生まれた四字熟語

適材適所

いきなりですが「適材適所」という四字熟語って、よく使ったり聞いたりしますよね?

意味は「その人自身の能力や性格、個性などをもとに、その能力が最も発揮される地位や職場に就かせること」ということだそうで、会社とかチームとかでよく使われてますよね。

適材適所の役割をそれぞれが持つことで、能力が発揮されて成果が最大限達成できるとかどうのこうのって。

 

木材

ただ、その四字熟語の語源は木材からきているというのはご存知ですか?

IMG_6641

↑木材関係

「適材適所」の材は木材の材というのはご存知でしたか?

 

種類の違いで性質も違う

木材と一言でいってもいろんな木の種類があります。例えば、建築で使われる木の種類は、杉、ひのき、ひば、ナラ、松などたくさんあります。

そしてそれぞれの種類の違いで性質が違ったりするわけです。

・腐りにくい=ひのき、ひば、くり

・まっすぐ育って加工しやすい=ひのき、スギ

・硬くて丈夫=ナラ、カシ、タモ

など、それぞれの種類によって能力・性質が違うわけです。

 

それを適材適所で使う

土台に使う木は、硬くて腐りにくい木がいいので、ひのきやくりが昔から使われてきました。

柱にはまっすぐ育って強度のある木がいいので、ひのきや杉が使われています。

横にかかる力に強い性質のある松は、梁・桁に使われています。

このようにして、日本では昔から「適材適所」で建築してきたんですね。つまり、その木の種類それぞれの能力や性質に適した役目・配置を与えている・・・ということですな~~~。

 

人の適材適所は可能性無限大

ただ、現在よく言われる人材の面での適材適所はなかなか未知数なところもあります。

能力が足りないのにその役目を任せてうまくいかないとか、逆に能力が少し足りないけどその役目を任せて成長する・・・ということもありますから。

木の場合はもう適材適所というのはほぼ決まっていますが、人の場合の適材適所はいい意味でも悪い意味でもなかなか決まっていないといえるかもしれませんね。

そう、可能性は無限大ってことですね!

 

最後に

そんな適材適所の話で最後にこれだけは言わせてください。

一昔前の巨人では、打線が4番バッターだらけ・・・という時代がありました。いわゆるひとつの90年代後半からミレニアム打線のあの頃ですね~。ええ~。はい~~~。

スタメンが松井・清原・石井・広沢とか、そのあとの時代はマルティネス・江藤と4番バッタータイプを獲得したこともありました。

しかしホームランバッターが並ぶから勝てるというわけではなかったんです。やはり足の速い選手、つなぐのがうまい選手、守備のうまい選手、いろんな選手の特性がありますので適材適所が大事ですよね。笑

という適材適所の話でした。ええ~~~。はい~~~~。

 

linebanner003

【シノハラFacebookグループ】

※ 「シノハラブログ愛読者の会」というこのぼくのブログを愛読している方が集うFacebookグループ(非公開)があります。気になる方はクリックしてみてくださいね。そして入りたい人はお気軽に申請してください~。

 

【あわせてこんな記事もおススメ】

※ 客と店の関係であれ誠意ある発言や行動をしたほうが大事にされるよね

※ 昨日は猛暑の中建て方作業でした~!暑い中ありがとうございました!

otoiawase

siryouseikyu

~今日の体重=87.9(+0.2)~


  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ