便利で環境が良くて広くて安いという無い土地を探してしまってませんか?

土地探しのコツをブログに書いてます

ぼくは、土地探しからマイホーム計画をする方にむけて、これまで土地探しのコツみたいなことをいろいろとブログに書いてきました。

DSC_1263a

南面道路の土地、北面道路の土地、東・西面道路の土地のメリット・デメリット

土地代金以外にかかる手数料や税金などの目安まとめ

今日は日曜日、天気もいいし土地を見に行ってこようか!だけではダメだよ

など、もはや130以上もの記事を書いてます。(全部見るのは大変ですね~笑)

 

土地探しでつまずく方が多い

なんでこういうブログをたくさん書いてるのか?というと、いつもお客さまと一緒に土地を探していると、土地探しでつまずく方が多いからなんです。汗

いい土地に巡り合うことができずに、というか決断できずに土地探しに時間がかかってしまう・・・という方は多くて、土地探ししているうちに2年経っていた・・・という話も聞こえてきます。

でも常に探し続けるのはなかなかしんどかったりもしますし、せっかく家を建てるならその間の賃貸アパートの家賃とか年齢とか考えると早いほうがいいという場合もありますので。

 

そもそもいい土地とは?

いい土地に巡り合えないという話ですが、そもそもいい土地とはどういう土地でしょうか?

やはり自分たちの希望に合った土地ということでしょうが、

自分たちが希望するエリアで、買い物とかも便利な立地で、道路の交通量が少なめで静かでという環境が良くて、さらには自分たちが思い描く広さもあって、しかも相場よりも安め、しかも分譲地で綺麗な区画・・・といういわゆるひとつの『特良の掘り出し物』みたいな土地でしょうか?

 

無い土地を探しているかも?

そういう特良の掘り出し物みたいな土地って、土地はほぼありません。0%ではないでしょうが、0に近いかと。

そんな「無い土地」を探してしまうことになってしまってませんか?ということ。

いや、何年かかってもいいから・・・という方もおられたりしますが、何年も「無い土地」を探してもない可能性は高いわけです。

そして何年もずっと無い土地を紹介し続けてくれる不動産屋さんというのも稀有な存在ですしね・・・。

 

『住めば都イムズ』

だったら、ある程度のことは受け入れつつ、ある程度許せることは受け流しつつ、総合的にみて「それなりにいい感じだし、ここでいいんじゃない?」というくらいで夫婦で相談されるのをおススメしています。

こう言っちゃなんですが、「住めば都」って思うくらいの大らかさも大事ですからね~。

たった今、それを『住めば都イムズ』と名付けました。

20191007_0039aba

こんな感じ(どんな感じよ!笑)で、ちょっと肩の力を抜いて土地探しするのもいいかもしれませんね~~~~

 

【一緒に働く仲間を募集してます!】

※ 「あめりか屋求人ページ」にて、あめりか屋が今募集している人材をご紹介しています!未経験でもあめりか屋で家づくりの仕事をしてみたい!と、チラッと思っていただいた方はクリックしてみてくださいね~

 

【あわせてこんな記事もおススメ】

※ 質問すると「シノハラはどう思う?」と返された23歳頃の話

※ 近畿大学でシャレオツなキャンパスライフを送る学生たちを見てきました

linebanner003

otoiawase

siryouseikyu

~今日の体重=87.8(-0.2)~


篠原秀和(シノハラヒデカズ)ニックネームはシノハラ(カタカナで。笑)
株式会社あめりか屋 代表取締役
一級建築士・住宅ローンアドバイザー
1977年6月23日生まれ
福井県敦賀市在住

2000年に日本大学卒業後、20代の頃は大手ゼネコンにて設計職と施工管理職を経験し、あめりか屋3代目として2007年から勤務。2011年頃から本格的に住宅事業を担当するようになり、業務は営業というか楽しいステキなお家づくりのプロデューサーをしています。
また自身のブログは2013年4月から毎日更新中。
・・・というマジメな仕事ぶりとはまた違った一面を持っていて、SNS(Instagram、twitter、Youtube、Facebook、TikTok)では楽しくてクスっと笑える投稿を日々発信中。ぜひフォローしてやってください。