「みんな月〇万円の住宅ローンを組んでるからうちも…」ではダメだよ

みんないくらくらい借りている?

みなさん家を買う・建てるときの資金計画ってどうしてますか?

なにげに多くの方はこんな感覚ではいませんか?

「みんな月〇万円くらいは住宅ローン組んでるとか聞くから、うちもだいたいそれくらいかなと・・・」

的な。

DSC_3200a

しのぴーくんもそう言ってます。笑

こういうのは極論ですが似たような感じで決めちゃう人ってけっこういらっしゃるような気がしますね~。

みんなと一緒じゃなきゃなんとなく不安になる的な人もいるとかいないとか。

でもそれだとダメだったりするんですよね~。

 

みんなぜんぜん違うから

ではなぜかというと、もちろんよく考えたら分かることですが・・・

ご家族の収入はそれぞれだから。そして支出もそれぞれ違うからです。

・年収は違う

・共働きかどうか?も違う

・子どもの人数も違う

・自分たちの年齢も違うし子どもの年齢だって違う

・親御さんとの関係も違えば、実家をどうするのか?ということだって違う

・趣味や生活スタイルだって違う

・今かけている生命保険も違う

というようにあらゆることが違いますからねぇ~。

 

家にかける値段もぜんぜん違うから

そして家(土地)にかける値段もぜんぜん違います。

東京と福井ではぜんぜん違いますよね。東京で土地建物で5000万円かけるが、敦賀では3500万円ですんだりしますし。

そもそも敦賀でも、家だけに2000万円で済ませる人もいれば、家で3000万円以上かける人もいれば、土地代もかかる人もいれば、土地代がかからない人もいます。

こうして『土地から買う場合』や『頭金や親からの援助が全く無い』という場合は、借入額がどうしても多くなりがちですしね。

要するに、誰かと比較しても何も参考にはならないということですね。

 

節約すれば大丈夫なことが多いけど

ただ友人が月々9万円の支払いだけらと、自分たちもそれくらいで資金計画しても、あんまりにも無理していない限りは結論としては大丈夫なケースが多いです。

なぜかというと、節約するから。

もちろんある程度の節約は大事なことですが、家を買ったから趣味をやめたとか、好きな〇〇を買うのをとにかく我慢して・・・というのはなんだか本末転倒ですよね。

家が人生のすべてじゃないですもんね。(ぼくが言うことじゃないかもしれませんが)

 

ちゃんと資金計画しましょう

ということで、こういうブログを読んでみてもしも不安になってしまうのであれば、ちゃんと資金計画をしましょうね~。

自分のこれから先の何十年を見据えて、いくら収入があっていくら支出があるのか?を一度計画するライフプランをぼくはおススメしています。

そんな資金計画をプロのファイナンシャルプランナーの方を紹介させていただいて、人生全体での資金計画をおススメしてます。

 

【一緒に働く仲間を募集してます!】

※ 「あめりか屋求人ページ」にて、あめりか屋が今募集している人材をご紹介しています!未経験でもあめりか屋で家づくりの仕事をしてみたい!と、チラッと思っていただいた方はクリックしてみてくださいね~

 

【あわせてこんな記事もおススメ】

※ 住宅ローンの10年後の残高は8割弱も残っているってご存じですか?

※ 住宅会社はローンをたくさん借りてもらったほうが嬉しい人たちだけど、そんな人に相談して大丈夫?笑

linebanner003

otoiawase

siryouseikyu

~今日の体重=87.7(-0.5)~


  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ