アパートは意外と住みやすい!ので、家を建てても住みやすくする方法

アパートから持ち家へ

結婚したら多くの方がアパートに住んだりするものですが、また多くの方がその後に持ち家を購入することになります。(ここで持ち家というのは「家を建てる」という選択肢にしますね)

eeae9f803675d12bf8f84c3f0ec50d6d_s

その理由としては

・アパートは資産にならないが、持ち家は資産になる

とよく言われていて、もっと詳しく掘り下げてお伝えすると

・定年退職後に賃貸で家賃をずっと払い続けるよりも、住宅ローンを払い終えたあとのほうが持ち家のメリットが出てくる

ということが大きなメリットですね。

他には、

・夫(債権者)が万が一のことがあっても団体信用生命保険で住宅ローンがちゃらになるので家族に家を残すことができる

・よりよい家に暮らすことができる

ということも言われますね。

 

アパートは住みやすい!?

上で書いた理由の最後に、よりよい家に暮らすことができると最後に書きましたが、意外とアパートにも住みやすいというメリットがあります。

それは・・・

・家が広くないので、そもそも家事動線が短い(洗濯動線)

・ワンフロアなので、上下移動がない

・角部屋じゃない場合、隣と接しているため寒くないし暖房もききやすい

ということがあげられます。

ですので、アパートって意外と住みやすかったりするんです。

 

家を建てるならアパートの良さを活かそう

ただ、子供の成長とともに部屋や収納が足りなくなったり、お隣さんへの音のことなんかを気にしなければいけなくなったりするのが、アパートならではの欠点ですよね。

ただ、家を建てるならアパートの良さを活かしたいところです。家を建てたらアパートの良かったところがぜんぜん良くなくなった・・・というのではアレですもんね~。

そのために、平屋だとアパートの良さを活かしやすいですしおススメです。

 

アパートの良さを活かしやすい平屋の理由

平屋は2階がないので上下移動がありませんし、

敷地に入れるためにはある程度コンパクトにすることにもなるので家事動線が短くなることも多いですし、

廊下をなるべく無くすことで家の中の温度差もできにくくなります。

そして老後に2階の寝室に上がる必要もないですしね。

 

最後に

土地の広さや間取りによって2階建てにしなきゃいけないことも多々あります。それはもちろんしょうがないんですけど、1階をなるべく大きくして足りない分は2階に足すというのは合理的な考えですね。

ということで、ぜひアパートの良さを活かした暮らしやすい家にしていきましょうね!

 

sn_bn

73020294_1219425511587884_4358655420412198912_n

staffbosyuu

linebanner003

otoiawase

siryouseikyu

~今日の体重=88.1(-0.1)~


  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ