土地は広すぎると大変…といつも思うけどみんな広い土地を欲しがるよね

土地は狭いよりは広いほうがいい

敦賀あたりではだいたい50坪以上の土地が住宅用地として売られていることが多いのですが、相場としては60坪以上の土地が売れ筋です。

日本では「土地が狭いよりは広いほうがいい」という考えが昔からあるからでしょうか、「土地は広ければ広いほうがいい」と考えてらっしゃる方がとても多いように感じますね~。

11864e28c13181b5f99ed1b1343ef87a_s

広ければ広いほどいいわ~~・・・ってこれはさすがに広すぎですね。笑

しかし60坪よりも70坪、70坪よりも80坪・・・と広さを求めていくのはおススメしてないんですね。この後に書く広い土地のメリットとデメリットを読んでもらってから決めてもらっても遅くありませんので。

 

広い土地のメリット

・お隣さんの家との離れが大きくなる(日当たりが良くなりやすいですね)

・設計自由度が高い(どんな大きさにもたいてい対応できるかなと)

・庭が広くなる(広々とした庭にすることだってできますし)

ということもあり、郊外にいけばそういう土地も売ってたりするので、広い土地がいいなという話もたまに聞きます。

 

広い土地のデメリット

・土地代が高くなる(坪単価×面積なので)

・固定資産税が高くなる(200㎡以上の分は固定資産税が割高に)

・外構にお金がかかる(フェンスをするにも砂利を敷くにも)

・手入れの労力がかかる(雑草もその分たくさんはえますし)

ということがあげられます。総じてお金がかかるというところが大きいですね。

 

いい家が設計できないんじゃないか?という不安

広い土地を欲しがる理由の一つとして大きいのが、その大きさで自分たちが思ういい家が設計できないんじゃないか?という不安があるというところでしょう。ズバリ。

目安だけお伝えすると、

一般的な4人家族のおうち(車2台)であれば、四角い土地で55坪もあれば十分ゆったりとおさまりますしね。

ただし土地の縦横の長さや形状によっては一概に言えないので、実際にヒアリングしてプランニングしてみてその土地におさまるのか?という検討を、土地購入前にするというのはさせてもらってますので。

そういう不安を解消できるのもぼくらだったりします。

家づくりをするための土地ですからね。豊かな暮らしをするために土地を買うわけですから。

 

広すぎない広さでいい

やはり必要以上に広すぎる土地は必要以上の出費を招いてしまう可能性が高いので、「広ければ広いほうがいい」のではなくて、「広すぎない広さでいい」という考えをおススメしています!

適度というのは何でも大事ですしね!

服も適度な大きさで。

ごはんも適量で。

DSC_5275

時にはついつい食べすぎたりしますけどね。笑

(写真は立川マシマシのマシライス+ヤサイサラダ)

 

最後に

しかし広い土地を買うことが絶対にダメだいうことではありません。広い庭でBBQパーティーをしたっかったり、ドッグランをしたいなどが夢だとしたら広い土地が必要だったりしますしね。

大事なのは、広い土地のデメリットも知った上で

自分たちはどのような暮らしをしたいのか?そしてかけられる総予算はどうなのか?

この2点にしぼってご夫婦で話し合ってみましょうね~~~。

 

sn_bn

73020294_1219425511587884_4358655420412198912_n

staffbosyuu

linebanner003

otoiawase

siryouseikyu

~今日の体重=88.6(+0.6)~


  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ