平屋は地震に強くなりやすくて耐震上も有利な3つの理由

平屋は地震に強くなりやすいよね

今日は平屋が地震に強くなりやすいよねっていうお話をします。

006

↑「アメリカンな平屋の家」施工事例ページはコチラ

正確に言うと、平屋は2階建てよりも地震に強くなりやすいし、耐震上有利なつくりだよなぁ~という話です。

その理由をあげますので参考にしてくださいね!

 

①揺れにくい

まずたんじゅんに1階建てと2階建てではどちらが揺れやすいですか?というと、1階建てかな?と思うくらいかもしれませんが、5階建てはたまた30階建てと比べるとどうでしょうか?

もちろん1階建てのほうが揺れにくいですよね。

30階の食器棚と1階の食器棚はどっちが危険か?という視点から見ても有利ですね。

 

②地震以外の揺れにも良い

そもそも「揺れ」というのは地震だけではなく、強風時にも揺れていますし、はたまた大きな車が近くを通るときも揺れたりしてるんです。

例えば大きな車がバンバン通る道のそばに建っている家では、普段から常に若干の揺れが発生している可能性があります。その若干の揺れがある家と、普段から揺れてない家だとどっちが地震がきたとき有利か?という話。

もちろん普段から揺れてない家のほうが構造上有利ですよね?

だとしたら、①のように揺れにくい平屋のほうが有利だよねっていう話なんです。

 

③ベシャッとつぶれにくい

阪神淡路大震災や熊本の地震などでは、建物がベシャッとつぶれてしまうことがありましたが、そのつぶれてしまった多くが2階建てだったんです。

理由はかんたんな話で、平屋の場合は2階を支えることがなく、屋根を支えているだけなのでかかっている重さが違うからなんです。(木造の家だと2階建ての方が割合が多いというのはさておき)

そしてさらにいうと屋根を軽くするとなおさら安定しますね。

 

2階建ても平屋も構造をしっかりと

ということで、2階建てよりも平屋のほうが耐震上有利だという話をしてきましたが、もちろんですが2階建てだから耐震上弱くなるという話ではありません!笑

もちろん耐震性能をしっかり確保した設計と施工をすれば当然ですが2階建てもぜんぜん大丈夫ですし、3階建てでも問題ありません。はたまた構造を木造以外に変えれば30階建ても問題ないですからね。笑

これもまたもちろんですが、逆に平屋だからと言って構造が適当だと耐震性能が劣ります。あたりまえですね。笑

あくまで揺れにくい、有利になりやすいというだけのことですからね。

 

最後に

ということで平屋のメリットもこれまで何度も伝えてきたとおりですので、やっぱり平屋はおススメです。

平屋っていいよね!でもなぜ平屋だとコストアップするって言われるの?

さ、ということで、今度のオープンハウスも平屋ですし、よろしくどうぞ~~~!!!

 

oh2020030708

sn_bn

73020294_1219425511587884_4358655420412198912_n

staffbosyuu

linebanner003

otoiawase

siryouseikyu

~今日の体重=88.8(-0.0)~


  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ