近隣挨拶で苦労した鹿島建設のときの思い出

近隣挨拶

一般的には、大きな工事が始まる前には「近隣挨拶」を行います。

工事中は数か月の間、騒音や車両などご迷惑をおかけるするのと、万が一のときぼくらへの連絡先と工事内容(工期など)を記載した挨拶文を、関係の方・近隣の方へお渡ししています。

また粗品としてあめりか屋特製タオルも同時にお渡しさせてもらって、ご協力をお願いしています。

DSC_6537

「特製っていうほどかよ!笑」というツッコミがあるかもしれませんが、実はなかなか手を拭いたりするタオルとしてちょうどいい品質。

結構愛用しているという声も多く、なかなかの粗品です。笑

 

住宅の工事着工にあたり

先日も住宅の新築工事が始まるので、近隣挨拶をさせていただきました。

お話させてもらってるときご近所の方からこんなことをおっしゃっていただきました。

「あめりか屋さんは丁寧なんですね~。その隣で新築工事をしている〇〇ホームさんとか△△ハウスさんからは挨拶なかったですよ」

とのこと。

うちはゼネコンの仕事もしているので新築のときは近隣挨拶をするのが当たり前なんですが、ハウスメーカーさんなんかでは近隣挨拶をしないということもあるんですかねぇ~。

 

鹿島建設のときの思い出

ゼネコンっていう話が出たので、ひとつ思い出話をさせていただきます。

ぼくが鹿島建設で働いていた2004年~2006年頃(27~29歳)の話です。

当時、ぼくのことをかわいがってもらっていた所長から

「シノハラさんは人当たりがいいから近隣挨拶を担当してもらいたいんだよね。頼むよぉ~!」

と言われ、ぼくに重要な役目がいただいたと粋に感じたものです。

 

鹿島建設のときの思い出2

しかし鹿島建設のその現場は、東京都内は多摩地区にある住宅地に囲まれためちゃくちゃ広大な敷地の現場。

広大な敷地のため挨拶に行く範囲もゆうに200軒を超えるほどはあったかと思います。

その200軒の中には、もちろん挨拶をしてすんなり終わることもありますが、一言チクリと言われたり、「大企業」=「悪」のように言われたりもしました。

なんでぼくがそんなことを言われなきゃいけないのか・・・と思いつつも、鹿島建設という超大きな会社をぼくが代表している気持ちで乗り越えました。

そしてお世話になってる所長から「人当たりの良さ」を評価してもらっているのだから、精一杯の明るさでなんとかやりくりしたものでした。笑

 

鹿島建設のときの思い出3

しかし、数年後ぼくがこのあめりか屋に変えるために鹿島建設を辞めるとき、その所長から言われたのが

「シノハラさんは几帳面でマジメな性格だから、さぼらずに200軒もの広い範囲の全てのお宅にちゃんと挨拶まわりしてくれると思ってね。他のやつらなら途中で投げ出したりするかもしれなししね。笑

プレッシャーをかけるよりもおだてた方がいいかと思って「人柄がいい」とか言ってみたんだぁ~☆あはは~~~」

と。笑

どちらにしろ、所長からは信頼されてのご指示だったので全然いいのですが、部下のキモチを乗せるのがうまい所長さんでした。

 

最後に

やっぱり仕事は信頼関係が大事だよね・・・ってことを近隣挨拶の話からだいぶ脱線しましたが、お伝えしました。

今はぼくが社長になり部下を信頼する立場でありますが、部下からも信頼されるようにやることはちゃんとやる、筋を通すということを大切にしていきたいですね~。

 

オープンハウスバナー480px

sn_bn

73020294_1219425511587884_4358655420412198912_n

staffbosyuu

linebanner003

otoiawase

siryouseikyu

~今日の体重=88.8(-0.4)~


  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ