クロスは織物調よりも石目調をおススメしたい

クロス選び

家づくりでは内装の仕様決めをしていくことになるんですけど、クロスを選ぶのは結構大変です。

なんせカタログにはこんな大量の商品が並んでますからね。

DSC_6561

かなりのページ数で、しかもカタログもメーカーもいくつかあるので、何冊もあります。

ま、作業としては量があるだけで、楽しいことですがね。

基本的にはカタログでよさそうなものをいくつかチョイスしてサンプル(20㎝×30㎝くらいの)を取り寄せて、それを見ながら選ぶことになります。

 

張り切って・・・

一般的にはお客さまにいくつかチョイスしてもらいます。

しかし今回はお客さまからはイメージだけを伝えてもらって、それに類似するサンプルを取ることにしました。

ぼくがお客さまからニュアンスを聞いたので、それをクロス屋さんにイメージと例えばこんなやつ・・・という感じでサンプルを依頼したら・・・

DSC_6556

こんなにキタよーーーー!!!笑

50種類以上もキタよーーーーーーーーーーー!!!!笑

クロス屋さんの新人さんが担当してくれたらしく、張り切っていろんなメーカーのいろんな類似のサンプルも取ってくれたようです。笑

 

織物調よりも石目調で

ただぼくはクロス屋さんには、

「うちの家のテイスト的には「織物調」よりも「石目調」がいいので、お願いしますね!」

と以前から伝えてあったのですが、織物調のサンプルもたっぷり入ってました。笑

どうやらその新人さんは「織物調」と「石目調」の区別がつかなかったようです。笑

 

石目調がいい理由

ちなみにその違いは・・・

↓織物調↓

DSC_6560

↓石目調↓

DSC_6559

ということで、織物調はタテ糸とヨコ糸を均等に織ったような生地っぽい感じで、石目調は石や漆喰(しっくい)っぽくて塗り壁のような自然そのままの素材感が特徴的です。

石目調がいいか?というと、実はクロスではなく自然素材の塗り壁(珪藻土やしっくいなど)にしたいところを、もろもろのトータルバランス的にクロスにしているので。

ですので、塗り壁っぽいテクスチャーの石目調クロスを選んだほうが自然な感じになるんですね~。

個人的にはなるべくコテあとがきつくないなるべくフラットなもののが自然っぽいので好みです。

 

最後に

ということで、クロスを選ぶにもいろいろありますが、ご希望をお伺いしながら、プロとしてアドバイスもしつつセンスのいいコーディネートをさせていただきますね

楽しんでえらんでいきましょう~よろしくどうぞ~~~

 

オープンハウスバナー480px

sn_bn

73020294_1219425511587884_4358655420412198912_n

staffbosyuu

linebanner003

otoiawase

siryouseikyu

~今日の体重=88.8(-0.4)~


  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ