お風呂や洗面所を2階にした時のメリット・デメリットとその判断方法3つ

おしりに見えるという噂のハートまんを買ってみた福井県敦賀市の建築会社あめりか屋失敗しない家づくりアドバイザーの篠原秀和です。

IMG_20150219_173251

もはやツーケーにしか見えません。笑

 

さて、こんな質問をいただきました。

『水回り(トイレ、洗面所、お風呂)を2階にするのはどうですかね?』

一般的には水回りは1階にするのが圧倒的に多いですが、2階にする場合もないわけではありません。

そこで、お風呂・洗面所を2階にした場合のメリットとデメリットをまとめて、しかも判断基準まで書いてみたいと思います。

※トイレについては2階にトイレは必要?迷っている方はコチラを見て夫婦で相談してください」という以前のぼくの記事があるので省略して、ここではお風呂と洗面所について考えてみましょう

 

水回りを2階にするメリット

①お風呂・洗面所⇔物干し⇔寝室が近い

2階に洗濯物を干すという場合は、お風呂・洗面所(洗濯機)とバルコニーなどの物干しスペースと寝室の動線が近くなります。階段の上り下りもいらないので便利です。しかも寝室のクローゼットに下着・洋服を収納している場合も動線が近いのは魅力ですね。

 

②1階の部屋の大きさをとりやすい

1階にリビングを置くとしたら広めの部屋にしやすいというメリットもあります。

 

③2階がプライベート空間として完結する

1階だとどうしても来客の時動線が干渉しがちです。2階がプライベート空間として完結するので、来客中もお風呂に入りやすいです。(風呂上りにツーケーまるだしでもOK!笑

 

④お風呂・洗面所の窓を開けやすい

換気のために窓を開けやすいということも言えます。防犯上おススメはしませんが、目線は気にならない傾向も。

 

 

水回りを2階にするデメリット

①物干し動線が遠い場合も

逆に、1階もしくは外で物干しをする場合は遠い場合もあります。

 

②2階の部屋の大きさをとりにくい

先ほどの逆で、2階にお風呂と洗面所(だいたい2坪以上)のスペースが入るため部屋の大きさをとりにくいことも。個室から洗面所に行く動線にするわけにもいかず、廊下も長くなる傾向になりますね。

 

③1階に手洗いがあったほうがいい

1階に手洗いがないと、1階のキッチンで手洗いなどするようになってしまうかもしれません。そうしたらダメだというわけじゃないけど、ちょっとねぇ~。あと子どもが泥だらけでかえってきて2階まで上がらないといけないというのもあれですしね。来客時も2階まで手を洗いに行くのも問題ですし。

つまり手洗いがある分スペースをとるし、コストも若干ですがかかるわけです。

 

④漏水したらやっかい

住宅会社からしたらこれが一番心配かもしれません。漏水したら下の部屋がみずびたし・・・という最悪のケースもありえます。メンテナンス上も少しやりにくいことも。(逆にすぐ漏水に気づくというメリットもありますけどね)

 

⑤間取りに制限がでる

④とのからみもありますが、お風呂の真下にリビング・・・というのは音の問題もあるし、避けたほうがいいかもしれません。

あとパイプスペース(45cm×45cmくらい)という配管を通すためだけのスペースを取ったほうがいいです。そしてそのスペースが無駄だという考え方もありますね。

 

⑥老後に心配

老後の心配をされる方も多いですね。階段の上り下り大変ですから。

 

⑦売る時売れにくいかも

一般的に多い間取りのほうが売りやすい傾向がありますので。

 

⑧シャワーの水圧弱いことも

エコキュートの場合、水圧の弱い地域などでは2階のシャワーの水圧が弱いこともたまにあります。ただでさえ最近のシャワーは節水型で弱めですし。

 

迷っているあなたへ、判断方法はこの3つ!

①ライフスタイルから考える

物干しはどこでする?お客さまは来ることが多い?というライフスタイルから考えてみましょう。2階でお風呂を!というよりも、どういうライフスタイルがいいのか?を考えるわけです。

 

②家族の状況から考える

自分たちの年齢は?お子さんはいるの?という家族の状況から考えてみましょう。

 

③ツーケー丸出しにしたいかどうか

ツーケー丸出しな生活をしたいかどうか?ということから考えてみるのもいいですね。・・・と言ってたら怒られちゃいますね。笑

 

最後に

最後のツーケーのくだりは無理やりでしたが、ドンマイということでお許しください。笑

ちなみに、ぼく的にはそれなりの理由がない限り、2階に水回り案は提案しないですかね~。汗

 ・・・というように、いろんな考え方があるとわかったところで、水回りを2階にするかどうかは夫婦でしっかりと話し合ってくださいね。

大事なのは2階に水回りをどうのこうの・・・の前に、家族がどんな生活をしたいか?ですからね~。

 

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます^^

otoiawase siryouseikyu

敦賀で注文住宅新築・リフォームならあめりか屋

~今日の体重=81.8kg(-0.2)~


篠原秀和(シノハラヒデカズ)ニックネームはシノハラ(カタカナで。笑)
株式会社あめりか屋 代表取締役
一級建築士・住宅ローンアドバイザー
1977年6月23日生まれ
福井県敦賀市在住

2000年に日本大学卒業後、20代の頃は大手ゼネコンにて設計職と施工管理職を経験し、あめりか屋3代目として2007年から勤務。2011年頃から本格的に住宅事業を担当するようになり、業務は営業というか楽しいステキなお家づくりのプロデューサーをしています。
また自身のブログは2013年4月から毎日更新中。
・・・というマジメな仕事ぶりとはまた違った一面を持っていて、SNS(Instagram、twitter、Youtube、Facebook、TikTok)では楽しくてクスっと笑える投稿を日々発信中。ぜひフォローしてやってください。