「家に勝手口は当然あるものだ」と思っている方はぜひ読んでください。笑

一戸建てには勝手口

一戸建ての家には付いていることが多い勝手口。

20200428_0059

この写真のように物干し室やキッチンの近くに設置したりします。

しかし実は勝手口をうまく活用しているというご家庭って意外と少なかったりするんです。

ただの物置状態になっていたり、実は勝手口は開かずの間になっている・・・など。汗

 

勝手口って無きゃならないものではない

そもそもですが勝手口というのは玄関とはまた別の出入り口(玄関)になります。

冒頭にも書きましたが、勝手口は家には必ず付いているもの・・・という認識があったりもしますよね。田舎だととくに。

でも、実は勝手口ってなきゃならないもんではないんです。

なんせマンションでは勝手口は無いのが一般的ですし、法律で必要とされているもんでもないので。

 

勝手口が無くてもいい理由

ではここで勝手口がいらないという方も結構いらっしゃいますので、その理由を並べてみます。

・ゴミ出しは勝手口から出さずに玄関から出す(動線的に勝手口からだと遠くなる)

・家に帰ってきたら玄関から入るので勝手口からは入らない

・採光や換気だけなら窓で十分

・窓の方が安価だし、窓のほうが断熱的により有利

・棚を置いて収納スペースにできるそのスペースがつぶれる

・防犯上も窓の方がよい

・キッチンに立っている影が外から見えるかも(ロールスクリーンが必要?)

・外観デザイン的に勝手口ドアはかっこよくない

など・・・。

その他も含めて、ぼくが総論として思うのが「使用頻度が少ないわりに費用がかかる」つまりコスパが悪いということでしょうか。

 

勝手口無くてもいいんじゃ?と考えてみる

ということで、敢えて勝手口が無くてもいいんじゃない?といろいろ書いてみましたが、ぼくが言いたいのは勝手口は無くしましょう!ということじゃありません。笑

お客さまのリクエストで勝手口を設けることは多いですし、勝手口をつけてうまく使ってもらえればいいだけのことなので。

ただ、お伝えしたかったのは、勝手口はつけなければならないんじゃなくて、無くてもいいんじゃない?どう使えるか?を設計段階で考えましょうってだけなんですよね~。

 

まとめ

いつもお伝えしていることですが、

家とはこういうものだ!と一般論に当てはめたり、誰かはこうしていた!と比較していたりすると、家づくりも制限されていきます。

勝手口は当然あるものだ!実家も友達の家もみんな付いている!ということで、思考回路を停めないでもらったほうが、楽しくなるのでこんなブログを書いてるんですね~。

もっと自由に考えて、家づくりは楽しくやっていきましょうね~!!!

 

LINE480px

オンライン相談会

sn_bn

73020294_1219425511587884_4358655420412198912_n

家づくり相談会

資料請求

staffbosyuu

~今日の体重=88.8(+0.1)~


篠原秀和(シノハラヒデカズ)ニックネームはシノハラ(カタカナで。笑)
株式会社あめりか屋 代表取締役
一級建築士・住宅ローンアドバイザー
1977年6月23日生まれ
福井県敦賀市在住

2000年に日本大学卒業後、20代の頃は大手ゼネコンにて設計職と施工管理職を経験し、あめりか屋3代目として2007年から勤務。2011年頃から本格的に住宅事業を担当するようになり、業務は営業というか楽しいステキなお家づくりのプロデューサーをしています。
また自身のブログは2013年4月から毎日更新中。
・・・というマジメな仕事ぶりとはまた違った一面を持っていて、SNS(Instagram、twitter、Youtube、Facebook、TikTok)では楽しくてクスっと笑える投稿を日々発信中。ぜひフォローしてやってください。