外壁の木板を塗装するの時に気を付けた方がいいこと

外壁が杉板の住宅にて、杉板のさねの部分を塗装しています。

杉板を張ってから塗装すると、竣工後、伸縮により継ぎ目のところの塗装できていない部分が見えてくることがあるからです。ですので、さねの部分に塗装をしてるのです。手間のかかることですが、この一手間が大事です。また、板の厚みも一般的なものよりもソリやくるいが無いようにあつめの18㎜を採用してます。「丁寧な仕事でいいものをつくる」仕事をバンバンやっていきます。
雪の降る冬を越して3~4月から着工の現場が多いもので、今の時期、たて続けに建て方をむかえています。昨日の古田刈の家の建て方の様子です。

忙しいんだか、暇なんだかよくわかりませんが、とにかく走りまわってがんばります。どうぞよろしくお願いします。


  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ