ぼくってこんな感じで働いてきました~大阪完結編~篠原秀和自己紹介

こんにちは!福井県敦賀市の建築会社あめりか屋の失敗しない家づくりアドバイザーの篠原秀和です。

あめりか屋施工事例←ぜひごらんくださいね☆

昨日からお送りしています大型連休特別ゆるゆる企画ですが、いかがでしょうか?

まだごらんになっていない方は第1話・・・

ぼくってこんな感じで働いてきました~大阪編~篠原秀和自己紹介

↑ぜひごらんください。↑

全米が泣いたとか泣いてないとか・・・。あ、読んでもらわないとあらすじが分かりませんので。。。

 

25歳でリストラされました

そんなある日、事件がおきました。

なんと、ぼく、25歳の若さでリストラされたんです。

あの日のことをよく覚えています。薄暗くてだだっ広い会議室で、上司から「ゴメン、篠原君が選ばれてしまった。明日から来なくてもいいから…」と言われたんですね。

突然のことで目の前が真っ暗になりました。単純に悔しかったのを覚えています。

 

当時の熊谷組は

当時の熊谷組といえば、経営支援として税金が投入され新聞・ニュースでも大きくとりあげられるほど経営状況は悪化していました。私が入社した2000年頃は設計部で70名ほどはいたと思いますが、私が辞めたころは30名ほどになっていたと思いますが、それほどリストラや自主退社が多かったんです。

それで今度は若いもんも含めて、リストラさせようって話になったわけです。

業務は真面目(比較的)だったと思いますし、会社にもある程度は貢献していたと自負していただけにショックでした。(今思えばそこまでの貢献しかしてなかったに過ぎないのですが…。

ただ、直属の上司は一緒になって悔しがってくれましたし、仲の良かった同期の女の子なんかは泣いてくれたりもしました。人には本当に恵まれてきましたね。

 

転職活動をしてみた

さて、史上初(笑?)25歳の若さにしてリストラ&無職になったわけです。

なんかかっこよさそうな仕事(イメージで)でも就こうかと思ったのですが、景気も悪いですし、しかもそんな甘いやつが職を探してもなかなかいい職にありつけません。

キャリアが全くないと言っても過言ではなかったのですから。

そんな職探しも数ヶ月が過ぎ、とあるイケイケな会社の営業職(建築に全く関係のない職)に内定をもらったので、入社しようかと思いました。

 

天職と思って全うする

しかしその時、父からこう言われました。

「大学を建築専攻で出させてもらって、しかも社会で一度建築の仕事に就いたのであれば、 建築の仕事が天職だと思って全うしないで、何が身につくことがあろうか。 今苦しいからといって、簡単に楽だと思うような道に行くのは男としてどうなのか。あめりか屋を継ぐとかどうとかそんなことは置いておいても、人生の先輩として甘いと思うぞ。」

と言われ、気づかされたんですね。

ぼくはそのおかげで覚悟ができたんです。建築の仕事で生きていくって。

(※その会社は今思えば入ってもすぐ辞める人が多い会社でしたし、キャリアなど関係なく誰でも採用OKっていうような職種でしたしね。)

そしてこの無職の時期にを活かし、バイトしながら一級建築士の資格を取ることを決意しました。

blog_import_54a876f690c76

↑調子にのってヒゲのばしたりしてました。笑

 

一級建築士の資格を取った

一級建築士の資格は1年に1回で、しかも合格率も低いので、なめてたら受かりません。ぼくは最低限の勉強量で合格したいタイプ(努力家じゃない)なので、油断しがち。

でももし1年でダメたら実家に帰ってあめりか屋へ就職するということを決めていましたので、本音ではまだ都会での生活を謳歌したかったぼくは、死ぬ気で勉強し、落ちたら人間失格だなんていうほどのプレッシャーを自分にかけました。

そんな不純な動機ですが、ワクワクする目的があったので、おかげさまでなんとか一発で合格することができました。

そしてその資格を手に、鹿島建設さんの東京支店でお世話になることになったんです。それは2004年の春のことでした。

・・・さ、長くなってきたので、続きは明日にしますね。笑

やっぱりですね!!!!

 

↓第3話はコチラ↓

ぼくってこんな感じで働いてきました~東京編~篠原秀和自己紹介

↑東京でもいろいろあったんです、これがまた。笑↑

 

~今日の体重=88.4kg(-0.5)~

  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ