収納は奥行が大事

バスツアーを鋭利企画中の福井県敦賀市の建築会社あめりか屋の失敗しない家づくりアドバイザーの篠原秀和です。

あめりか屋施工事例←ぜひごらんください☆

 

収納はたくさんあったほうがいい

これから家を新築したい!と思う方の動機として

「今の住まいは収納が少なくて・・・」

という不満をもっている方が多いのではないでしょうか?

そんな今の住まいの収納量に不満を持っている方は、やっぱり注文住宅で自分の家をオーダーメイドで新築するんだから「収納はたくさんあったほうがいい」と思って当然のこと。

 

収納の家にならないように

そうなると、靴のまま入れるシューズインクローク、寝室とつながるウォークインクローゼット、季節ごとのものをしまっておける納戸、お客様のお布団をしまっておける押し入れ、料理関係の雑貨を置いておけるパントリー、ゴミを置いておけるような土間式半外部収納、子供部屋にはもちろんクローゼット、洗面脱衣スペースにもタオルやもろもろをおける収納棚、床下には床下収納、天井内にも収納をつくるとたくさん入れられるし・・・

というように、言いだすとたくさんの収納アイデアが出てきます。

しかし、家の大きさは、土地や予算的に限度があります。

35坪の家で、収納をあれやこれやとたくさん配置してみると、リビングや各部屋が収納に押し出されて、小さくなってしまうことも考えられます。

大げさに言うと「収納の家」になってしまうとか?(汗)収納の家だなんて本末転倒ですよね~。

 

収納は奥行が大事

そうならないためには収納はまずは適材適所というのが大事です。そして適材適所の中でもおさえておきたいポイントが、「収納は奥行が大事」ということ。

大きな納戸をつくってそこになんでも放りこんでおけばいいってわけではないはずです。そんなことしてしまったら、奥にしまったものは10年も20年も使わない・動かさないことになってしまう恐れがあります。

また小さな収納棚も、奥行がありすぎると、物を前後に並べてしまい、奥の物が取りだしにくいことにもなります。

しかも奥行があるばっかりに、部屋が狭くなってしまう傾向にもあるんです。

つまり収納はしまうものによって適切な奥行にしたほうがいいってことなんです。

 

収納の奥行のあれこれ

ここで、収納するものによるだいたいの寸法を書いてみました。

20150807085750-0001

布団=910mm

服=650mm

食器=450mm

本=300mm

細かく言うともっといろいろあったりするんですけど、ここはかんたんにイメージ的に。

 

最後に

収納は奥行がありすぎても困るので、しまうものによって奥行を変えましょう。収納もなにをしまうのか?を一度考えて、奥行を考えましょうね。そんな狙いが必要です。

そう、狙いです。

ねらい。

あ、でも、狙いすぎるとスベることもあるから気をつけましょうね。

IMG_20150510_192702

↑これは狙いすぎてスベってる感満載なのでボツにしました。笑

 

【あわせてこんな記事もおススメ】

※ コンクリートに雨が降って濡れても大丈夫な時と大丈夫じゃない時

※ 注文住宅新築の依頼先はどこで建てても同じ!

otoiawase

siryouseikyu

HP⇒敦賀で注文住宅新築・リフォームならあめりか屋

blog⇒敦賀市の工務店で注文住宅の新築・リフォームするならあめりか屋篠原秀和のブログ

~今日の体重=82.4kg(-0.6)~

あ、毎日ブログ書いてるので、お気に入り登録してくれて、毎日見てくれたりするとしのP☆カンゲキ!涙


  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ