トイレの蓋閉める?流す時も使わない時も閉めたほうがいい4つの理由

こんにちは!福井県敦賀市の建築会社あめりか屋のこだわりの注文住宅専門家の篠原秀和です。

あめりか屋施工事例←ぜひごらんください☆

 

トイレの蓋閉めてますか?

みなさんご存知、トイレの蓋。

IMG_0702a

この蓋ですが、みなさんちゃんと閉じてますか?

いつも開けっ放しっていう人もいたりしませんか?

かく言うぼくもついつい開けっ放しだった時期もありましたが、今では閉めるようにしています。

なぜかというと、それは閉めたほうがいいことがあるということを知ったから。笑

あなたもこれからお伝えするいいことを知ったら、もうトイレの蓋を開けっ放しにしておくだなんて、きゃゃゃ~~~~いやぁぁぁ~~~~ってなるかもしれませんよ。(大げさ)

 

①菌の拡散を防ぐ

まず、そもそも流すときは蓋を閉めて流したほうがいいと言われることがあります。

なぜかというと、流すときの水しぶきは大小あれど周囲に飛び散っているかもしれないから。

汚い話ですが、自分の体についたり、床や壁に飛んでいる可能性もあるそうです。とくにノロウイルスの感染者が出たときなんかは、ぜったいに蓋をしめたほうがウイルスの拡散を防ぐことができるとも言われているそうです。

最新の節水型のトイレだと流す水の量は減ってはいるものの、飛び散る可能性は残されていますしね。

ただ、メーカーに問い合わせてみたのですが、立ち上がったら自動で流れる自動洗浄機能付きの場合、その機能を止めないと蓋を閉められませんが、メーカーとしては流れるときの菌の拡散は問題として想定してないとのこと。

諸説ありますが、自動洗浄を使わないでもいい場合は、とにかくあなたのそのブツが流れていく様をしっかりと見届けたいというお気持ち(笑)はグッとこらえて、蓋をしめてから流すようにしてもいいかもしれませんね。

 

②節電になる

暖房便座を使用している場合、常によわ~くですが電源が入っている状態かと思います。

そんな暖房便座だからこそ、トイレの蓋を閉めておくと放熱を防いでくれるので、節電につながります。

使ってない時は蓋を閉めるようにするだけで、年間数百円も節約になるとか。

 

③落下物を防ぐ

最近はスマホを持ってトイレに行く人も多いですよね。

ぼくは知ってますよ。トイレでアレをしながらLINEする・・・みなさんがやっていることでしょう。笑

そんなスマホをトイレの便器の中に落下!!!してしまわないためにも、蓋をしめましょう。

たんじゅんなことですが蓋が閉まった時間を長くすればするほど落下物の危険は減ります。

 

④金運アップ?

風水では昔から「ふたなし便器に財運なし」と言われているそうです。

トイレのふたを閉めないと、運気が悪くなる、お金がたまらないってことでしょうか。

そういうことは信じないぼくですが、だらしなくて汚いトイレよりも、清潔感のあるトイレのほうが運気はよさそうですよね。

そのためにも蓋を閉めておいたほうがよさそうです。

DSC_6599a

↑非売品の金の便器。特に意味はありませんが、以前撮った写真でどこかで使おうかと思っていて、ここだと思ったので。笑

 

より快適なトイレライフを

ということで、トイレの蓋を閉めておくと、菌の拡散を防ぎ、節電になり、落下物を防いでくれて、さらには金運アップ?するということでした。

もしもご主人がいつも蓋を開けっ放しにしている・・・という方は、上のもろもろの理論をお伝えしてみてください。笑

このブログをきっかけに、より快適なトイレライフ(そんな言葉ない?)を送っていただけたらうれしいです~~~。

ありがとうございました~~~

blog_import_54a87925dcdb1a

↑妙にすわりがいい写真だよね。笑

 

【シノハラFacebookグループ】

※ 「シノハラブログ愛読者の会」というこのぼくのブログを愛読している方が集うFacebookグループ(非公開)があります。気になる方はクリックしてみてくださいね。そして入りたい人はお気軽に申請してください~。

 

【あわせてこんな記事もおススメ】

※ 無垢床はお手入れ・メンテナンスが大変だしなぁとあきらめようとしている方へ

※ キッチンをリフォームするとこんないいことがある!?7つのええこと

otoiawase

siryouseikyu

HP⇒敦賀で注文住宅新築・リフォームならあめりか屋

blog⇒敦賀市の工務店で注文住宅の新築・リフォームするならあめりか屋篠原秀和のブログ

~今日の体重=85.2(-0.5)~


  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ