リビングに物が散らからないために間取りで片付けする習慣をつくろう

リビングはすっきりと

家のメインはなんと言ってもリビングです。

家族がリラックスして過ごす場所ですし、友人知人が来たりする部屋ですしね。

そんなリビングはいつもスッキリとさせたいところです。

20190311_0005

こんな感じで、なるべく物が散らかってない状態を保ちたいもんですね~。

 

でも散らかりがち

でもどうしても散らかりがちになるもんです。笑

子どもがまだ小さいころはどうしてもそうなりやすいですし、何かと生活していくと物は増えていきますしねぇ。

ダイニングテーブルには子どもたちの書類なんかが山積みで、床にはランドセルやおもちゃが置きっぱなし・・・。

efb252e15a53e34b5d04c2f10a0e8231_s

ついついこんなことになりがちになる方も多いのではないでしょうか。汗

そんな方のためにリビングをスッキリさせるための対策をいくつかあげてみます。

 

リビングに収納を設ける

でもリビングをスッキリさせるためには「リビングに収納を設ける」ことがまずは有効です。

リビングの少しあいたスペースに棚を設けたり、畳スペースの段差を利用して引き出し収納をつけたり。

あめりか屋様20200111_0072

ダイニングテーブルの上に物を置きっぱなしにならないためにも、ちょっとした収納棚があるのも有効です。

あめりか屋様20190311_0012

こういう収納スペースを確保できると、片付けしやすいですね。

 

子ども部屋を1階に持ってくる

「子ども部屋=2階」という考えが一般的ですが、あえて1階に配置することによるメリットもあります。

IMG_9922-Edit

シンプルノート敦賀スタジオでは特にリビングの横に子ども部屋という間取りも提案したりもします。

子ども部屋が2階じゃなくてリビングの近くにあると、『片付けをさせやすい』というメリットもあります。

子どものものは子ども部屋にキチンと収納というルーチンをつくりやすいですからね。

 

間取りで片付けする習慣をつくる

そして当然ですが、最も大事なのが片づける行為です。笑

収納や子ども部屋があっても片付けなかったら散らかったままですからね~。

それを『間取りで解決』する。

間取りで片付けする習慣をつくるという可能性も、注文住宅には秘めています。

 

最後に

ということで、最終的には「片付けする習慣」が大事だとお伝えしました。

かくいうぼくは結構片付けはそこそこちゃんとしたいタイプでして、物が散らかるのが嫌なタイプです。

ESymAjGUMAIj_nz

ええ。「だからなんなの?」と言われたら困りますが、報告しておきますね。ええ。

 

オープンハウスバナー480px

sn_bn

73020294_1219425511587884_4358655420412198912_n

staffbosyuu

linebanner003

otoiawase

siryouseikyu

~今日の体重=88.6(-0.0)~


篠原秀和(シノハラヒデカズ)ニックネームはシノハラ(カタカナで。笑)
株式会社あめりか屋 代表取締役
一級建築士・住宅ローンアドバイザー
1977年6月23日生まれ
福井県敦賀市在住

2000年に日本大学卒業後、20代の頃は大手ゼネコンにて設計職と施工管理職を経験し、あめりか屋3代目として2007年から勤務。2011年頃から本格的に住宅事業を担当するようになり、業務は営業というか楽しいステキなお家づくりのプロデューサーをしています。
また自身のブログは2013年4月から毎日更新中。
・・・というマジメな仕事ぶりとはまた違った一面を持っていて、SNS(Instagram、twitter、Youtube、Facebook、TikTok)では楽しくてクスっと笑える投稿を日々発信中。ぜひフォローしてやってください。