コロナの今でも家づくりの計画を進めたほうがいい6つの理由

「コロナが終息してから・・・」

今日は2020年4月22日、新型コロナウイルスで世の中が大変になってます。日本でも感染者が1万人を超える状況で、緊急事態宣言のなか自粛、自宅待機、テレワーク、補償問題と・・・。

そんな中、ぼくの仕事にコロナを置き換えてみると、最近お客さまからこんなことを言われるようになってきたんですね。

「コロナが終息してから家づくりをしたい・・・」

と。

 

そりゃそうですよね~

分かります。

そりゃそうです。

何も今計画しなくてもいいんじゃ・・・というのはみなさん思って当然の事。

基本的にはうちのお客さまにそう言われたら「そりゃそうですよね~では少し様子見ましょうか」ともお答えしています。

ただ、今だからこそ家づくりの計画を進めたほうがいい!と思ったりもしているんです。

実は・・・。

ということで、コロナの今に計画を進めたほうがいい理由をあげてみます。

 

①打ち合わせさえすれば家づくりは進むから

家族がコロナに感染した、コロナであめりか屋が休業したという状況になれば別ですが、今はそこまでの状況でないのであれば、コロナのこの時期でもお打合せを進めさえすれば、設計は進んでいきますし、現場も進んでいきます。

お打合せもLINE通話やZOOMでコミュニケーションが十分に取れますしね。

EWIQDhMUcAAHGcR

↑こんな感じでLINE通話してもいいですしね。笑

何組かのお客さまとオンラインでお打合せをさせていただいてますが、十分可能ですよ~。

 

②住宅ローンはなるべく早く借りておいたほうがいいから

コロナが終息するのはいつか分かりません。もしかすると2~3か月後かもしれませんし、1年後かもしれませんし、2年後かもしれません。

その分自分の年齢、家族の年齢も重ねていってしまうのは事実です。

そうなると返済が完了する年齢も高くなってしまいますし、その影響で借入可能額も減るかもしれませんし、なんなら今のアパートに家賃を払い続けていることになります。

住宅ローンを借りるのであれば、理論的には「早く住宅ローンを早く借りる」というのはメリットが多いわけです。

 

③土地はタイミングだから

土地から探す場合もコロナの今も探し続けることをおススメしています。

なぜかというと、土地は販売されて基本早い者勝ちだから。ということはタイミングが大事です。その土地が販売されたことを知ったタイミングですね。

自分が気に入る土地が発売されるのは1年後に出るかもしれませんし、明日出るかもしれません。

だからこそ土地探しは延期しないほうがいいと思うわけですね~。

 

④駆け込み需要があるかもしれないから

コロナが終息したら、計画を止めていた人たちが一気に計画を再開するでしょう。

そうなると消費税増税の頃のように「駆け込み需要」が起こるかもしれません。(起こらないかもしれませんが)

もし駆け込み需要が起きたとしたら、

材料価格の高騰、職人不足、工期遅延、混み合うことによる品質低下・・・。

そんなことも危惧されてしまうからです。

 

⑤ゆっくり計画できる

そしてコロナのこの時期、みなさんご自宅にいる時間がかなり長いと思います。

今はwebでなんでも見れる時代。うちもオープンハウスをスマホで見学会byLINE通話に変えて対応してますしね。

であればこの時期を逆手にとって、ご自宅でぼくらと設計のやりとりをするというのは実は有意義かもしれません。

急いでバタバタと計画するよりも、ご夫婦で相談しながらゆっくりと計画できるメリットもあったりしますね。

 

⑥家づくりは楽しいから

ここまで毎日TVやネットでコロナの話題ばかり。誰かと話してもコロナの話題ばかり。

下手すると気分が滅入ってしまいます。

そんな中、コロナの今だからこそ「楽しく家づくり」をすることっていいと思うんです。

仕上げでインテリアとか照明をあれやこれやと選んだり、施工途中にLINEで報告したりもしますが、できていくマイホームに気分もアガリますからね~~~。

DSC_7089

現場をチラ見するだけでアガリますよ~。

 

最後に

ということでコロナの今でも家づくりの計画を進めたほうがいい理由を6つあげてみました。

これをぼくは十分メリットもあるしおススメするわけですが、やっぱり一番大事なのは「家族の気持ち」です。

うちのお客さまのなかでもお勤め先の関係でなかなか大変な方もいらっしゃいますし、気持ちが家づくりに向かない場合はどうぞ計画を延期してください。

家族が心豊かに暮らすために家を建てるんだから、家づくりも家族が心豊かに進めていきましょう!!!

※とカッコよくしめくくりましたが(笑)、本音を言うとコロナの影響が長引いても会社が傾かないように資金計画をしっかりしておくのと、今この時期を活かして力を蓄えておきますからご期待ください!!!と経営者的にはビクビクしながらも(笑)、前を向いてがんばるぞ!という次第であります。笑

 

オープンハウスバナー480px

sn_bn

73020294_1219425511587884_4358655420412198912_n

staffbosyuu

linebanner003

otoiawase

siryouseikyu

~今日の体重=88.2(-0.1)~


篠原秀和(シノハラヒデカズ)ニックネームはシノハラ(カタカナで。笑)
株式会社あめりか屋 代表取締役
一級建築士・住宅ローンアドバイザー
1977年6月23日生まれ
福井県敦賀市在住

2000年に日本大学卒業後、20代の頃は大手ゼネコンにて設計職と施工管理職を経験し、あめりか屋3代目として2007年から勤務。2011年頃から本格的に住宅事業を担当するようになり、業務は営業というか楽しいステキなお家づくりのプロデューサーをしています。
また自身のブログは2013年4月から毎日更新中。
・・・というマジメな仕事ぶりとはまた違った一面を持っていて、SNS(Instagram、twitter、Youtube、Facebook、TikTok)では楽しくてクスっと笑える投稿を日々発信中。ぜひフォローしてやってください。