畳スペースは段差あり?それとも段差なし?

リビングにつながる畳スペース

もはや新築で本格的な和室を設けないおうちがほとんどですが、リビングにつながる畳スペースには一定の人気があります。

Web用_20211006_0085

↑こうして洋風なLDKともマッチするシンプルな畳スペース

畳でゴロンと横になるのはやっぱりいいもんですし、小さいお子さんがいるときなんかは何かと使い勝手いいですしね。

 

段差ありにする?段差なしにする?

そんな畳スペースですが、

段差あり(小上がり)か、

段差なし(バリアフリー)

のどちらにしますか?

明確にこうだ!と決まっている方は少数派ですので、それぞれのメリットとデメリットをまとめてみますね。

 

段差あり(小上がり)のメリット・デメリット

小_20210510_1_0050

段差あり(小上がり)のメリットは・・・

〇収納ができる(引き出し)

〇段差にベンチのように座れる

〇寝転んでも地べた感がない

段差あり(小上がり)のデメリット

×掃出窓に面している場合、外との段差が高くなってしまう

×空間が狭く感じることも

×つまづく(バリアフリーじゃない)

×フラットよりも収納をつければその分コストがかかる

 

段差なし(バリアフリー)のメリット・デメリット

小_20210510~13_3_0092

段差なし(バリアフリー)のメリット

〇段差がない=つまづかない(バリアフリー)

〇部屋が広く感じるし広く使える

〇フローリングと畳をまたいでなにかを置くことも可能(家具とかたとえば座布団とか)

段差なし(バリアフリー)のデメリット

×小上がりのメリットがない

×空間にメリハリがなくなることも

 

使い方から考えて話し合う

では、あなたはどうしますか?

メリット、デメリットを参考にしてもらって、そもそも畳の間をどんな使い方にしたいか?という点も大事にして、ご夫婦で話し合ってみてくださいね~。

子どもが遊ぶ空間、来客時の寝るスペース、ゴロンところがってTV見る、収納を確保したい・・・などなど。

さまざまある使い方を知り、そしてそれを考えて話し合うのってのが家づくりでとても大事なことなんですよね~~~。

 

最後に

畳の間の段差ひとつについても、やはり決めるのはお住まいになるご夫婦ですので、実際に話しあいをしてもらうために、こういうブログを書いてるんですね~。

よろしくどうぞ~~~。

 

relaciones_bn211

sn_bn

LINE480px

オンライン相談会

73020294_1219425511587884_4358655420412198912_n

家づくり相談会

資料請求

~今日の体重=91.2(-0.1)~


篠原秀和(シノハラヒデカズ)ニックネームはシノハラ(カタカナで。笑)
株式会社あめりか屋 代表取締役
一級建築士・住宅ローンアドバイザー
1977年6月23日生まれ
福井県敦賀市在住

2000年に日本大学卒業後、20代の頃は大手ゼネコンにて設計職と施工管理職を経験し、あめりか屋3代目として2007年から勤務。2011年頃から本格的に住宅事業を担当するようになり、業務は営業というか楽しいステキなお家づくりのプロデューサーをしています。
また自身のブログは2013年4月から毎日更新中。
・・・というマジメな仕事ぶりとはまた違った一面を持っていて、SNS(Instagram、twitter、Youtube、Facebook、TikTok)では楽しくてクスっと笑える投稿を日々発信中。ぜひフォローしてやってください。