契約後の追加費用を抑える方法(注文住宅の新築において)

こんにちは!福井県敦賀市の建築会社あめりか屋のこだわりの注文住宅専門家の篠原秀和です。

あめりか屋施工事例←ぜひごらんください☆

 

発生しがちな追加費用

注文住宅の新築やリフォームをするときは普通は契約書をかわします。

d69689ac27aa7293595d169ce6973906_s

あたりまえですが、その契約書には金額が記載されています。

しかし契約後、工事を進めるにつれてどうしても発生しがちなのが、契約金額に加算されてしまう追加費用。

それはグレードアップになりますから。そこは契約外なので・・・というように。汗

でもそれって困りますよね。契約後の追加費用はなるべく減らしたいのは当然です。

では追加がなぜ発生してしまうのでしょうか?

32

 

認識不足

契約するときは図面や見積をつくってもらって説明をしてことになりますが、プロではないあなたは専門的で内容的にわからないこともたくさんあるはずです。

また、分からなかったばっかりに、工事を進めて打ち合わせをするうちに、「思ってたのと違うわ・・・」ということもあるかもしれませんね。

そんな認識不足のあまり、追加で費用が発生することがあるんです。

 

検討不足

キッチンやお風呂、洗面などの住設機器については、ショールームに見に行くとついついグレードアップしてしまいがちです。

契約前に現物やサンプルを見て、検討をしておくことが契約後の追加費用が発生しないポイントです。

また、コンセントが増えた、手すりが増えた、棚が増えたということもありますし、そもそも家具も製作してもらうことになった、別途工事だったカーテンを住宅会社にしてもらうことになった・・・ということもよくあります。

そのようなこまかい検討をしてなくて、現場が進んでいく中で決めていったときに、アレコレ変更するとどうしても追加費用が発生しがちなんです。

 

契約前に認識して検討すること

ということで、追加費用が発生しないためには、契約前にしっかりと認識して検討することです。それが一番大事です。(それが~~いちばん大事~~~♪です。)

しつこいくらい図面をチェックして、打ち合わせも何度もしてもらうことです。

ただ、中には契約を早くしたがるハウスメーカーさんもいたりすることでしょう。

それは・・・

27

です。

ぼくみたいに契約急いでやっちゃいかんよって言う住宅会社は少数派かもしれません。笑

 

最後に

何か特別な事情(お客さま側の事情で、工期的な理由とかなにか)が無い限り、住宅会社側の都合のいい理由で急かされるのは良くないことですね。

契約前にしっかり認識して、検討さえしておけば、契約後の追加費用はあるていどは防げますから。(それでもやっぱり発生するにはしますけどね)

家を建てることは幸せになるためにするんですから、気持ちよく契約して工事をすすめましょう!

 

 

昨日は節分だったのにそれっぽいことしなかったけど、シノハラ21の社員からのツイートでそれっぽさを味わったぼくからお送りしたのは以上です~~。笑

 

【シノハラFacebookグループ】

※ 「シノハラブログ愛読者の会」というFacebookグループ(非公開)があります。気になる方はクリックしてみてくださいね。そして入りたい人はお気軽に申請してください~。

 

【あわせてこんな記事もおススメ】

※ 近隣挨拶に行ったときに、お菓子をお渡しして怒られることはない

※ 契約するとき不安なくハンコを押すために大事なこと

otoiawase

siryouseikyu

HP⇒敦賀で注文住宅新築・リフォームならあめりか屋

blog⇒敦賀市の工務店で注文住宅の新築・リフォームするならあめりか屋篠原秀和のブログ

~今日の体重=85.4(-0.0)~


篠原秀和(シノハラヒデカズ)ニックネームはシノハラ(カタカナで。笑)
株式会社あめりか屋 代表取締役
一級建築士・住宅ローンアドバイザー
1977年6月23日生まれ
福井県敦賀市在住

2000年に日本大学卒業後、20代の頃は大手ゼネコンにて設計職と施工管理職を経験し、あめりか屋3代目として2007年から勤務。2011年頃から本格的に住宅事業を担当するようになり、業務は営業というか楽しいステキなお家づくりのプロデューサーをしています。
また自身のブログは2013年4月から毎日更新中。
・・・というマジメな仕事ぶりとはまた違った一面を持っていて、SNS(Instagram、twitter、Youtube、Facebook、TikTok)では楽しくてクスっと笑える投稿を日々発信中。ぜひフォローしてやってください。