よりよい仕事をするために木造住宅標準施工手引書を作成しました

こんにちは!福井県敦賀市の建築会社あめりか屋のこだわりの注文住宅専門家の篠原秀和です。

あめりか屋施工事例←ぜひごらんください☆

 

木造住宅標準施工手引書

このたび、あめりか屋オリジナルの木造住宅標準施工手引書を作りました。

数ヶ月前に、住まいずの有村さんとお話をする中で、品質向上のためにはこれが必要なことだな~と痛感しました。

なぜかというと・・・

現場の仕事は木造だと大工さんの実力に大きく左右されがちです。

しかも若い職人のなり手が少なくなってきていることや高齢化などで、その技術の継承も大きな不安要素。

そんな中、職人頼みの現場じゃ品質が落ちてしまう・・・という恐れさえあるからなんですね。

DSC_2126aa

そんな背景の中、今回、木造住宅工事標準施工手引書を作ったんですねぇ~。

 

説明会をしました

ということで、標準施工手引書を作ってハイ終わり・・・だと、絵に描いた餅になるので、ちゃんとできているか?を第三者機関に監査に入ってもらうことになります。

そしてまた、その監査を受ける現場をつくる実際の作業は職人さんがメインです。

職人さんの協力無しでは、この標準施工手引書の効果が発揮することはないので。

ということで、協力業者さんに集まってもらって説明会を開催しました。

DSC_2112aaa

 

何のためにするのか?を伝える

何をするにしてもそうなんだけど、とくに新しいことを始めるときは

『何のために?』

をしっかりと伝えることが大事。

PA110108aaaaa

そこらへんの仕事はぼくの役割なので、冒頭にしっかりと話をさせていただきました。

この取り組みの背景などいろいろ話をしたけど、結局一番言いたいのは、

いい仕事をみんなでしよう。そしてお客さまに喜んでもらおう。

ということ。

 

ギャップがうまれがち

普段仕事として家づくりをしているぼくらと、そしてその一部をそれぞれが担っている職人と、一生に一度の大きな買い物をするお客さまには、どうしてもギャップがうまれます。毎日の作業か、一生に一度のことか。

そのギャップに日々気付いているか?ということ。

そのギャップが存在することに気付きながらやるのと、なにも考えないでただやるのとでは、大きな差がうまれるよね~って思うわけです。

そんなことではお客さまの気持ちに寄り添えないし、お客さまにぼくらの気持ちへ寄り添ってもらえない。

 

懇親会もしました

説明会のあと参加してくれたみなさんと一緒に懇親会もしました。

DSC_2123aaaa

このように盛り上がったわけですね~。

みんなそれぞれにも家族があって人生がある。

それなりにやって食っていければいいじゃなくて、みんなでいい仕事をして人を喜ばせよう。

そんな同じ思いを持った仲間でありたいなと。

 

最後に

・・・ということで、ブログではちゃんとアツく語ってみました。笑

今後契約させていただくお客さまから正式運用スタートです。

よろしくお願いします~~!!!

 

【あわせてこんな記事もおススメ】

※ 今日でオープンハウス最終日です~お待ちしてます~~

※ 道案内ブログ(敦賀市新松島町完成内覧会)2017年10月7・8・9日

linebanner

otoiawase

siryouseikyu

~今日の体重=86.8(+0.1)~


  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ