食器洗いは手洗い派?食洗機派?【食器洗い機購入時まとめ】

こんにちは!福井県敦賀市の建築会社あめりか屋の失敗しない家づくりアドバイザーの篠原秀和です。

 
あなたは食器洗いをする時は、手洗いでしますか?それとも食洗機を使いますか?
 
家の新築やリフォームで、キッチンを考えたとき、ビルトイン(キッチンに組み込まれている状態)食洗機を入れるか?入れないか?の議論が必ずと言っていいほどあります。議論と言ってもそんな大げさな話でもありませんが、食洗機一台で10万円くらいはだいたいしますし、食洗機をビルトインする分収納スペースがおのずと無くなります。そんなこともあり、食洗機をキッチンに組み入れる・入れないはお客さまの判断にゆだねることが多いんですね~。
 
そこで、どちらにしようか?とネットで調べてみると、手洗い派と食洗機派に大きく二分されています。
 
 
手洗い派の主張は・・・
 
・汚れがひどいものは一度軽く洗い流さないといけないのでは?
・食洗機も機械モノなので壊れる時が来る。壊れたらまたお金がかかる。
・食器の出し入れ、並べるのが面倒。腰がいたくなる。
 
などの意見があるんですけど、一番多くの意見が、食洗機の洗浄能力を信用できないということに集約されるようです。
 
 
そして食洗機派はメリットが多くあると主張します。
 
・最近の商品は洗浄能力がアップしてるので、ほとんど食洗機だけの洗浄で問題ない。逆に手洗いよりもキレイになるとの意見も。
・食器の出し入れがしやすい設計になっている。比較的腰を曲げ無くてもよい。
・節水効果によりランニングコストが手洗いよりも安い。(初期コストはかかっていますが・・・)
・時間の節約ができる。
・タイマー設定があるので深夜電力で洗うという節電もできる。
・使い出したらとにかく手放せない。
・あのイヤな冬の寒い水仕事からの解放。
などの意見があるんですけど、一番多くの意見が、とにかく楽(らく)ということに集約されるようです。
 
何十年前の食洗機が発売されたころには、「誰がそんなもん使うんだよ」と批判もあったことでしょう。しかし、今や多くの家庭で使われている食洗機。やはり食洗機も便利だ・いいもんだという評価・実績を積んでここまできてます。それだけに、相変わらず贅沢品という意見もあるかもしれませんが、食器洗い洗浄機はご家庭の家事の面において地位を確立しています。
そこで以下に、ぼくの意見を書いてみます。
食器洗いというのはとにかく毎日のことですし、
 
「食器洗いをするのは主婦の仕事だ!」と言って亭主関白を気取るのもあれですし、
 
「このオレ様が食器洗いをしてやっている!」という卑しい気持ちをひた隠しにして、我が夫
が手伝っているということを無言で猛烈にアピールする夫っていうのもあれですし、
 
奥さまが食洗機の洗浄能力を信用できるのなら、とにかく楽な食洗機を使うのもいいのかなぁ~・・・だなんて思います。笑
 
 
 
~今日の体重=95.6kg(+0.5)~
↓↓↓おもしろかった、へ~そうなんだ~、と思ってくれたかたは下↓↓↓のfacebook・twitterボタンをクリックしてもらうと嬉しいです↓↓↓
 

  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ