予算オーバーしたからなにかを我慢するのではなく、理論的に判断してみる

あんなことしたいこんなことしたい

これから注文住宅を新築しよう!と思っている方は、モデルハウスを見に行ったり、見学会に行ったり、新たに建てた友達の家に遊びに行ったり・・・といろんなお家を見に行ますよね?

IMG_5218c

↑こちらは7/7・8のオープンハウス会場です

そうすると、自分たちが今度家を建てるなら・・・

・吹抜けに憧れる。

・リビングにカウンターがあると子供たちの勉強スペースになるしいいなぁ。

・1階にウォークインクローゼットが欲しい。

・キッチンは対面キッチンがいいけど、ダイニングテーブルは横並びがいいな。

・玄関に土足のまま入れるシューズクロークがあるのは便利そうだ。

・洗面所と脱衣所はわけたいなぁ。

・・・などなど。

あげればきりがないくらい、あんなことしたいこんなことしたいと要望が浮かんできたりするもんです。

 

予算の壁

ただ、それらのご要望を全てつめこむことができるのが注文住宅ですが、その分お金もかかってしまうのも注文住宅です。

いわゆるひとつの予算の壁ですね。

あ、「アジアの壁」井原 正巳さんではありませんよ。「アジアの大砲」高木琢也でもありませんよ。(例えが古いけどよろしくお願いしますね)

だから要望のうち何かを削って・・・ということになりがちに。

でも、せっかく夢のマイホーム建てるのに、ある程度はしょうがないのですが、我慢するのっていう言葉は避けたいもんです。

 

理論的に優先順位をつける

では、なにかを我慢するのではなくて、『理論的に優先順位をつけてみる』というのはいかがでしょうか?

どのように考えるのかというと・・・

①どうしても実現したくて、無ければ家を建てる意味が無いというほどの要望かどうか?

②それを使う年数が長いか、短いか?

③それを使う頻度(時間)が多いか、少ないか?

④かかる費用が高いか、安いか?

⑤あとで変えられるものか、変えにくいものか?

⑥流行か?流行でないか?

⑦今すぐ欲しいか?後でもいいか?

あくまでご家族それぞれですが、一旦理論的に、一旦冷静に考えてみるってのはいかがでしょうか?

 

最後に

ぼくらとしては、お客さまの中で優先順位の高い要望だったらやっぱり実現したいし、お客さまが思っている以上にしたいもんです。

ただ、優先順位ができてないとそういうこともできません。

要望事項を整理して住宅会社さんに伝えて、提案してもらいながら家づくりをしていくことが、要望の詰まったこだわりの注文住宅を建てるコツですからね~~。

DhOjP9cU8AA8Z0Ka

要望ざんまいでも優先順位ざんまいでよろしくどうぞ~~(若干?意味不明で申し訳ありません)

 

banner480

linebanner003

【シノハラFacebookグループ】

※ 「シノハラブログ愛読者の会」というこのぼくのブログを愛読している方が集うFacebookグループ(非公開)があります。気になる方はクリックしてみてくださいね。そして入りたい人はお気軽に申請してください~。

 

【あわせてこんな記事もおススメ】

※ 新築の家ならお掃除ロボ(ルンバ)は使えます

※ 耐震等級とは?地震が起きると耐震性能って心配になるよね・・・

otoiawase

siryouseikyu

~今日の体重=85.9(-0.5)~


  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ