中村文昭さん映画「何のために」を見て(感想文)

こんにちは!福井県敦賀市の建築会社あめりか屋の失敗しない家づくりアドバイザーの篠原秀和です。

昨日は前から楽しみにしていた映画(特別試写会?)を見に行ってきました。
「何のために」
これはドキュメンタリー映画で、中村文昭さんのドキュメンタリーでははなくて、彼の講演や本・CDなどに触れ、スイッチが入り自分の人生の「何のために」を考え、行動に移している人たちのドキュメンタリー映画です。とても感動しました。
主役として5人の方が登場しましてどの方も素晴らしいのですが、中でも印象に残ったのが・・・
氷室優さん(愛知県の解体業の氷室建設の社長さん)
人に言えないような過去を持ったような人たちも社員として迎え入れて、その人たちと真正面から向き合っている姿に感銘をうけました。ぼくも建設会社の経営者として、今の社員さんに同じだけのアツさと愛情で、真正面から向き合っているだろうか・・・と。
こんなストーリーがありました。
(※ここからはネタバレの要素もありますので、実際に映画をこれから見たい方はここからはご遠慮ください。)
・・・
ひきこもりを続けてきた33歳の男の人が、中村文昭さんのご縁もあって入社して3日目、社長にこう言いました。
「やっぱり無理です。辞めさせてください。」
氷室社長が理由を聞くと、彼のできない理由を次々と語ります。
すると、氷室社長は暖かい表情で、
「おまえ変わりたいんやろ?」
 
「今この瞬間のお前と、33年間の過去のお前と戦っているんやろ?」
 
「何のためにここにいるんや?」
という言葉(こんな感じだったはず…笑)を、その33歳の彼にかけてあげます。
すると彼はなんとか踏みとどまり、その後も働いていくことができているそうです。
・・・
分かりやすい金メダルを取った人とか、業界トップに躍り出た人というような、そんなヒーローとか、夢を叶えた人とかじゃないけれども、「何のために」が自分のためじゃない氷室社長が輝いてみえました。
「ぼくが同じシチュエーションに立ったら、その彼になんて言ってあげられるだろうか?」
「ぼくはもっとやれるんじゃないか?」
「ぼくは何のために今生きているのか?」
そんなことを考えていると、いてもたってもいられない気持ちになりました。
そんなアツくなったぼくが、映画を見た後・・・
とりあえずかき氷を食べてクールダウンをしたのは、しごく当然のことです。
最後に、ふざけてしましたが(汗)、とってもステキな映画でした。これを見たらあなたが変わるきっかけになるかもしれませんよ。
いつから一般上映されるかは知りませんが(汗)、以下のページにて告知されると思いますので(知らんけどっ笑)、気になったあなたはぜひチェックしてみてくださいね~^^
PS
10月1日の昼間に福井県敦賀市プラザ萬象にて、中村文昭さんの講演会があります。ぼくはその主催者側(法人会)の人間になるみたいです。笑
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!^^
今日の体重=86.4g(+0.3)~
↓↓↓おもしろかった、へ~そうなんだ~、と思ってくれたかたは下↓↓↓のfacebook・twitterボタンをクリックしてもらうと嬉しいです↓↓↓

  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ