壁をくりぬいたような収納(ニッチ)はインテリアのアクセントになる

こんにちは!福井県敦賀市の建築会社あめりか屋失敗しない家づくりアドバイザーの篠原秀和です。

お友だちから「壁をくりぬいたようなアレなに?」と聞かれました。

IMG_9041

↑コレを見て。

この壁をくりぬいたようなスペースはニッチといいます。壁厚を利用して作った収納・カウンターなので、部屋を狭くすることはありませんし、壁からボコっとでているわけじゃないのでスッキリしています。

 

飾り棚として

↓こんな感じで玄関のアクセントになります。「あたりまえの暮らしが豊かになる家」

IMG_8257a

 

↓これは施設の玄関なので大きいですが、間接照明がかっこいいですよね。「サービス付き高齢者向け住宅はるのさん」

aIMG_6442

玄関だけではありませんが、インテリアのアクセントになりますよね。

 

収納として

↓マガジンラックとして

ap-k3

↓洗面の横にちょこっとはぶらしとか置ける棚として

00612-s5

このように実用的な使い方ももちろんできるわけですね。

 

費用は大してかからない

手間が少々かかりますが、それほどこらなければ費用は大してかかりません。各社さんそれぞれでしょうが、ぼくだったらある程度なら契約金額内のサービスでやっちゃうレベルですね。えっへん。

 

こんなことできる?と聞きましょう

そもそもなぜこんなことを聞かれたのかと言うと・・・

そのお友だちは数年前に新築をしました。しかし、新築するときに、このニッチの存在を知らなかった。しかも住宅会社さんからニッチの提案をしてもらえなかった。一番上の写真を見て「いいなぁ」って思ったんだけど時すでに遅し・・・ということでした。

やっぱり住宅会社さんはプロなのでこういういろんなことを提案してほしいというのがあたりまえではありますが、建てる人自身つまりあなたがいろいろと「こんなことできる?」と聞いてみましょう。特に変わったもの(あまり一般的ではないもの)だとなおさら、聞いた方がいいですね。待っていても提案してくれないケースも多々ありますので。

もちろんそれをできる・できないはあるけど、予算・デザイン・構造などの条件をクリアしていて、できたとすると、もっともっとステキなお家になるかもしれませんからね~。

 

家のこと勉強しましょうね!

ニッチにしてもみなさんやっぱり知らないことだらけ。後でああしておけばよかった・・・と後悔するのは、最初に検討しておかなかったからということも言えるんです。

でも知らないことは検討もできませんよね。だから家のこと勉強しましょうね!ってことです。

「どうやって勉強すればいいの?」

「めんどくさいし~」

「てか、よくわらない~」

と、思ったあなた。いいものがるんです!

それはコチラ↓

敦賀市の工務店で注文住宅の新築・リフォームするならあめりか屋篠原秀和のブログ

↑このブログは家づくりのお役立ち情報、間取りのヒントなど盛りだくさんですよ~。難しそうなことをかんた~んに説明していますし、毎日更新しているので毎日見てくださいね~。このブログですけどなにか。笑

 

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます^^

otoiawase siryouseikyu

HP⇒敦賀で注文住宅新築・リフォームならあめりか屋

blog⇒敦賀市の工務店で注文住宅の新築・リフォームするならあめりか屋篠原秀和のブログ

~今日の体重=82.1kg(+0.3)~


  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ