真夏のコンクリート打設は突然の雨や暑くなりすぎたりするので対策を

こんにちは!福井県敦賀市の建築会社あめりか屋のこだわりの注文住宅専門家の篠原秀和です。

あめりか屋施工事例←ぜひごらんください☆

 

もう真夏ですね!

今日は7月14日。まだ海の日にもなってないというのにもう真夏ですよね。30度以上ある日はもうあたりまえ。35度以上ある日もかなり増えてきています。

確実に地球温暖化が進んでいるんだろうな~とぼくは思っているのですが、そんな大きな話はちゃんと語り合ってもらいたいもんです。なのに国会で小さい話をしている場合じゃないとぼくは思うのですが・・・。

とそんな話はさておき、ぼくらの仕事では真夏だと大変です。

熱中症になりやすいなどのこともあるんですけど、気をつけたいのがコンクリートの打つとき。(打つというのはバッティングするとかじゃなくて、流す・施工するという意味だよね。笑)

RIMG9966a

↑昨日もコンクリートを打ってました!

 

真夏のコンクリートの問題①

さて、みなさん不安になることが多いのがコンクリートと雨の問題。

それについてアンサーブログを書いてますのでぜひ⇒みんな不安?生コンの時に雨降ったら家の基礎とか土間はどうなる?

ということで、生コンを打っている最中に大雨が降るとさすがにプラスではないわけですが、最近、こう真夏はいきなり大雨って降ることありますよね~。

熱帯地方のようなスコール的な雨。

いざコンクリートを施工していて、いきなりスコールみたいな雨が降ってこられると困っちゃうわけです。

ですので、天気予報をチェックするのが仕事みたいになってくるんですね~。

 

真夏のコンクリートの問題②

雨以外でもう一つ問題になるのが暑さ。

コンクリートは固まっていく過程で熱を出します。冬場でも打った後のコンクリートは生暖かいくらいですからね。

それが夏場でこう暑いと逆にコンクリートの温度が熱くなりすぎちゃうんです。そして早く固まりすぎるので、コンクリートを打っていて継ぎ目が目立ったりうまく混ざりにくかったりしちゃうわけなんです。

そのためには、少しやわらかめのコンクリートを打ったり、時間がかからないように打ったり、熱くなりすぎないように水をまいたり・・・。

DSC_5776a

↑水をまいて遊んでいるわけではありません。笑

 

季節や天候に左右される仕事

ということで、ぼくらの仕事(現場仕事)は、季節や天候に左右される仕事です。

暑いときは暑い日の対策を。

雨が降ったら雨の日の対策を。

台風が来たら台風の対策を。

なかなか大変なお仕事ではあるけれど、実際に現地でつくっていくダイナミックな仕事だし、そんな苦労を乗り越えて完成した建物というのはやはり嬉しいもの。

いやはや現場の仕事って楽しいですな~。

 

最後に

やっぱりどんな仕事でも共通することは、いい仕事をしていきたいですね。

DEp2bOjVoAE78C2

がんばります!

(特に写真と本文は関係ございません)

 

【シノハラFacebookグループ】

※ 「シノハラブログ愛読者の会」というこのぼくのブログを愛読している方が集うFacebookグループ(非公開)があります。気になる方はクリックしてみてくださいね。そして入りたい人はお気軽に申請してください~。

 

【あわせてこんな記事もおススメ】

※ ちょっとこだわった自分好みの家を建てたい人と家づくりしてます

※ コンクリートに雨が降って濡れても大丈夫な時と大丈夫じゃない時

otoiawase

siryouseikyu

HP⇒敦賀で注文住宅新築・リフォームならあめりか屋

blog⇒敦賀市の工務店で注文住宅の新築・リフォームするならあめりか屋篠原秀和のブログ

~今日の体重=87.3(-0.0)~


  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ