無垢材は傷つきやすいものが多いけど味わいになっていく

無垢のフローリングは傷つきやすい?

みなさん「無垢のフローリングは傷つきやすい」っていうイメージをお持ちの方も多いかと思います。

特に、杉・ひのき・パインなどに代表される針葉樹の無垢フローリングは傷がつきやすいという傾向にあります。

その大きな理由はやわらかいから。

ただ、そのやわらかさがある=空気が多く含まれているおかげで、「触れて気持ちいい」「暖かい」という利点もあります。

 

5年経った無垢フローリング

昨日、竣工・お引渡しをして5年経ったおうちに訪問してきました。

そこのおうちはひのきの無垢フローリング(ダーク系の浸透塗装)なんですが、こんな感じになってたんです。

DSC_5755a

イスをひきずる、子供がおもちゃを転がす、物を落とす・・・などの影響で傷がついてましたが、とてもいい感じでした。

味わいが出るという感じですかね。

 

複合フローリングでも傷はつく

ここで無垢ではなく、既製品の複合フローリング(合板フローリングともいう)もご紹介します。

これはすごく20年以上前の複合フローリングですが、表面がはがれてしまっています。

DSC_5787a

こうして既製品の複合フローリングが傷がついたり、表面がはがれたりすると見た目があまりよくない・・・というイメージがあります。こうなったら補修も難しいですしね。

表面に傷の付きにくいコーティングがしてあれば傷はつきにくいのですが、それでも傷が全くつかないというわけではありません。

 

どんな価値観を大事にしますか?

傷がつかないことや色が変わらないことを良しとするのか、それとも傷や経年変化を味と捉えて良しとするのか。

いろんな感じ方があるし、どっちがいいとか悪いじゃないので、

自分たちはどんな価値観を大事にするのか?

を判断基準にしてもらうといいと思います。

 

あめりか屋は無垢をおススメしています

ということで、無垢フローリングの傷を味わいと捉えてもらえれば、無垢のメリットである肌ざわりの良さや温かみやホンモノの質感を体感できるので、うちは無垢材をオススメしています。

blog_import_54a87601870f2

10年経ったこの無垢パインの写真を見ると、やっぱり無垢の自然な味わいっていいな~って思うわけです。

 

linebanner003

↑LINE@からもお問い合わせはお気軽にどうぞ

【シノハラFacebookグループ】

※ 「シノハラブログ愛読者の会」というこのぼくのブログを愛読している方が集うFacebookグループ(非公開)があります。気になる方はクリックしてみてくださいね。そして入りたい人はお気軽に申請してください~。

 

【あわせてこんな記事もおススメ】

※ 透明ガラスにして外の視線が気になる場合の対処方法

※ 地盤調査はスクリュードライバーサウンディング試験(SDS)を採用しています

otoiawase

siryouseikyu

~今日の体重=86.9(-0.1)~


  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ