家づくりをスタートするならまず「親に相談しましょう」

「親に相談しましょう」

家づくりにおいて、土地から探すという方はかなり多いです。うちで家を建てる方も、土地が既に決まっているという方は半分かそれ以下です。

そんな土地探しからまずはスタートする方に必ずお伝えしているのが、

①資金計画をまずして総予算から土地の価格を設定しましょう

②どんな土地がいいか?エリア・条件・広さなどまとめましょう

ということをお伝えしてまして、あと一つ伝えているのが・・・。

③ご家族(特に親御さん)にまずは家づくりをする旨を相談しましょう

という話。

 

昔は長男が家を継ぐと相場が決まっていた

なぜかというと・・・

そもそも、戦前まではあたりまえのように長男が家を継ぐもんでした。

家督相続という制度があり、長男は親が住んでいる土地と家を継ぐというのが決まっていたんですね。次男・三男はほぼ相続せずに。

ただ戦後は家督相続が廃止され、相続人は長男だけではなく平等に分配されることになっているのですが、結構まだそのイメージが残っていたりします。

特に田舎の方では「長男なんだから家を継いでもらいたい」と言う(言えないけど思っている)親御さんもおられるのではないでしょうか?

 

「あんた、実家はどうすんのさ!」

土地探しをしていって、いい土地が見つかり、いざ購入するぞ!となったときに、

「あんた、実家はどうすんのさ!」

と言われたら困りますからね~。

土地をもう仮契約でもしようという段階でそう言われたとしたら、自分たちも親も不動産屋さんもみんな困るってなわけです。

(ぼくの大学の友人で全く同じ状況になったけど、実家に帰らず東京でマンションを買ったというやつもいますが・・・笑)

 

持ち家を引き継がなくてもよくなった

そもそも昔は

一緒の土地に一緒の家で同居したほうが経済的メリットが大きいですし、経済的にそうするしか選択肢が無い時代もあったことでしょう。

しかし、今の経済的に豊かになった(とされる)時代。

お金さえあれば(住宅ローンを組むことができれば)土地を買って家を建てることだってできるし、マンションを買う事だってできるわけです。

 

最後に

そんな時代の流れとともに家づくり、暮らしの考え方、先祖代々の土地への考え方、家族の考えが世代間ですれ違う中、やっぱり大事なのは話し合うということ。

親はお金の援助はしてくれないんだし、自分たちの好きなようにすればいいというもんではありません。

やっぱり話し合うことで、応援だってされるし、いろんな事情の中前に進むってなもんですね。

これから家づくりをスタートするという方は、一回こうして大きな視点で考えてみるとうまく家づくりが進むきっかけになるかもしれませんよ~。

さぁ、まずは電話でもいいですしね。

7d91489990b29aef7ae3b5aa283aaeca_s

↑ぼくに限りなく近い無料素材写真です。

このくだり、昨日からしつこーーーーーーーーーー!!!!

(ちなみに昨日のブログ⇒反省です。運転中にスマホをさわっていて取締りを受けてしまいました…。

 

linebanner003

【シノハラFacebookグループ】

※ 「シノハラブログ愛読者の会」というこのぼくのブログを愛読している方が集うFacebookグループ(非公開)があります。気になる方はクリックしてみてくださいね。そして入りたい人はお気軽に申請してください~。

 

【あわせてこんな記事もおススメ】

※ 家を建てるのが目的じゃなくて、家族が豊かに暮らすのが目的

※ キッチンの天板の高さを決める計算式は身長÷2+5cmです

otoiawase

siryouseikyu

~今日の体重=88.1(+0.2)~


  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ