台風で被害があったら写真を撮って火災保険が適用されるか確認しよう

台風被害

台風が日本列島を直撃しそうですね・・・。

dddd2154555

引用:ヤフー台風情報より

去年は台風21号の被害が敦賀でも大きく、お客さまのおうちや施設でもたくさんの被害にあってしまいました。今回は被害が大きくならないことを祈るばかりです。

 

まずやって欲しいこと

こういった台風など自然災害の影響で建物に被害があった場合、まずやって欲しいのが、

被害の写真を写真撮っておく

のと、

火災保険が適用されるか確認する

ことです。

 

火災保険が適用される可能性が高い

台風被害でよくある「雨樋が外れた」「雨が漏れた」「ガラスが割れた」「屋根が壊れた」などは火災保険が適用される可能性が大です。

ふだんは火災保険は使わないことがほとんどなのでその存在を忘れていることでしょうが、どんな補償になっているのか?免責はいくらまでなのか?などを確認して対応するようにしましょうね!

そもそも火災保険に入ってなかったらダメですが・・・。笑

また、うっかり火災保険の存在を忘れていて、せっかくの火災保険を適用せずに補修してしまった・・・ということも実際によくありますので。

 

被害写真を撮影しておく

そしてもっともかんたんで、さらに大事なのは被害の状況証拠をつかんでおくこと。

ですので、被害の写真をご自身でできるだけ撮影しておいてくださいね。

突然のことなので焦るかもしれませんが、そこは冷静に。写真撮ってから片付けや二次被害の拡大にならないような対策を取ってください。

 

最後に

ということで、去年の台風21号クラスの被害が広域に渡ると修理の依頼はぼくらもたくさんの方から一気にいただくことになります。当然メーカーさんも同じく一気にいただくことになるので、どうしても対応が受付順になるので遅くなることも・・・。

もう物理的にしょうがないことでもありますが、お待たせしてしまう場合は申し訳ありません。汗

そして、今のところは大きな被害が出ないことを願うばかりです!

ぼくには祈ることしかできませんが。祈るほかないのか。(ミスチルのタガタメの歌詞より)笑

 

linebanner003

【シノハラFacebookグループ】

※ 「シノハラブログ愛読者の会」というこのぼくのブログを愛読している方が集うFacebookグループ(非公開)があります。気になる方はクリックしてみてくださいね。そして入りたい人はお気軽に申請してください~。

 

【あわせてこんな記事もおススメ】

※ 内装リフォームのビフォー・アフター写真

※ 事務所内装リフォームの完成写真(ビフォーアフター)

otoiawase

siryouseikyu

~今日の体重=87.1(-0.1)~


  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ