夢のマイホームに子どもと暮らす時間は長いようで短い

こんにちは!福井県敦賀市の建築会社あめりか屋のこだわりの注文住宅専門家の篠原秀和です。

あめりか屋施工事例←ぜひごらんください☆

 

家を建てる理由

みなさん家を建てる理由とはなんなんでしょうか?

もっともよく言われるのが・・・

「賃貸では家賃がもったいないから」

とくに子育て世代の方で賃貸にお住まいの方だったら、ほとんどの方がこうおっしゃいます。

この話はある意味そうかもしれませんが、ここではとりあえず置いておきまして・・・(ここらへんの話は別のコチラのブログにてどうぞ。)

子育て世代のみなさんが子どもにまつわる家を建てる理由について考えてみます。

9ca129c15edaeb06466fbca611fcc685_s

↑ええフリー画像やわ~~~

 

小さい子どもにまつわる理由

さてそれでは、小さい子どもにまつわる家を建てる理由はなんでしょうか?

いかがですか?

こんな答えが出たのではないでしょうか?

「子どもが走りまわって下の階やお隣の方から苦情が来るから」

「賃貸では家が狭くなったから」

「今よりも教育環境のよい立地に住みたいから」

「小学校に入った後に転校させたくないから」

・・・などなど。

これらもよく言われる理由なんですが、実はあまり気づかないけれど大事にしてもらいたい理由があるんです。

 

子どもと暮らす時間は意外と短い

そもそも子どもと一緒に暮らす時期というのは、子どもが0歳の時に建てたとしたら、その家に50年以上は住むとしても、子どもがその家に住むのは18年だけかもしれません。

逆にもし子どもが10歳の時に建てたのであれば、さらに少なくて50年のうち8年しか一緒に暮らさないかもしれません。

これって短いと思いませんか?

 

子どもと暮らす時間を長くする

だったら、

マイホームに子どもと暮らす時間を長くして、家族仲良く生活するため

という理由を大事にしてもらうのもいいんじゃないかなぁ~って思うわけです。

結構、この理由を一番に出してこられる方は少ないんですけど、お金の事や条件のことなんかよりも、こんなシンプルな理由をちゃんと捉えておくことが大事かもしれませんね。

 

何事も理由が大事だから

こんな理由のことを語っていますが、やっぱり何事も理由が大事だと思うんです。「何のために」ってやつですね。

家を建てるとき、ぜひこの「何のために」という理由をご夫婦で話し合ってくださいね。

・・・

かくいうぼくも何のためにを大事にしています。

昨日天膳さんでごはん大盛りを頼んだらこれがきたわけですが・・・

DSC_0344a

↑日本昔ばなし盛りだよね。笑

この大盛りが「何のために」きたのか?を考えたので、以下のような投稿に至ったわけです。ええ。

 

 

すべてのことに意味がある・・・そういうことですね。笑

 

【シノハラFacebookグループ】

※ 「シノハラブログ愛読者の会」というこのぼくのブログを愛読している方が集うFacebookグループ(非公開)があります。気になる方はクリックしてみてくださいね。そして入りたい人はお気軽に申請してください~。

 

【あわせてこんな記事もおススメ】

※ SNSでつながるご縁を活かすも見逃すも自分次第。毎日ブログがんばってください(笑)

※ やっぱり今年一番印象に残ったことは#シノハラファンだよね

otoiawase

siryouseikyu

HP⇒敦賀で注文住宅新築・リフォームならあめりか屋

blog⇒敦賀市の工務店で注文住宅の新築・リフォームするならあめりか屋篠原秀和のブログ

~今日の体重=85.7(+0.2)~


  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ