イベントに人が来たらいいのか?(敦賀花火大会翌朝のゴミ掃除をしてみて)

敦賀花火大会がありました

昨日は8月16日。毎年恒例の敦賀の花火大会「とうろう流しと大花火大会」が開催されました。

39346952_1843440405744572_6500451161617727488_n

日本海側最大級ということで、発表によると13万人もの人が来たとか?

実際の数はよく分かりませんが、県外ナンバーの車も多くてたくさんの人が敦賀に来ていたようですね~。

 

翌日のゴミ

ただこれもまた恒例なのですが、花火大会の翌日はゴミだらけなんですね。

DkwD5NnU8AAw_zL

2年前もそんなブログを書いてました:敦賀花火大会の次の日の朝はゴミだらけ

ぼくは今朝、早起きしてTHAPのボランティアで清掃活動に参加してきました。他にも年配の方も何人もおられて毎年自発的に清掃されているようです。

持って帰ればいいようなゴミがほとんどで、なんとも情けない気持ちに。

ワールドカップでも賞賛された掃除をして帰る日本人もいれば、その場の雰囲気に流されてゴミを置いて帰る日本人もいるようですねぇ。

 

イベントに人が来たらいいのか?

こういうのを見ているとなおさら思うのですが、

「我がまち敦賀に、13万人もの人が来た」

ということを市民が喜んでいても意味があるのか?ってね。

一時のイベントに人がたくさん来ても、本当に敦賀のまちのためになってるのでしょうか?

その数に喜ぶんじゃなくて、どれくらいの経済効果があって、どれくらいまた敦賀に来たいと思って帰ってくれてるのかな、逆に花火だけ見てゴミを捨てて帰ってる人も多いんじゃないかな。

それじゃあ別に敦賀じゃなくていいよねと。

 

最後に

もちろん花火大会をしないほうがいいとか、イベントをしてもしょうがないと言ってるわけではありません。ただ、イベントをして13万人来た・・・と人数を評価しててもまちが良くなることはないんじゃないかなと。

そのイベントを通してどういう効果があって、結果、どういうまち、そして市民になりたいのか。

そんなことを狙っていかないと、本当にそのまちにとっていいイベントにならないのではないかなと思うわけです。大きなお金を使っていればいるほどその狙いは必要なわけで。

花火大会の翌朝のゴミ拾いをしていて思ったことは以上です。

 

linebanner003

【シノハラFacebookグループ】

※ 「シノハラブログ愛読者の会」というこのぼくのブログを愛読している方が集うFacebookグループ(非公開)があります。気になる方はクリックしてみてくださいね。そして入りたい人はお気軽に申請してください~。

 

【あわせてこんな記事もおススメ】

※ 敦賀花火大会の次の日の朝はゴミだらけ

※ 【仕事観】『本当にやりたいこと』ってなんですか?

otoiawase

siryouseikyu

~今日の体重=86.3(+1.0)~


  • 篠原秀和のプロフィール写真
  • 篠原秀和:こだわりの注文住宅専門家

「家は家族の幸せのためだけにある」
注文住宅を建てることや家を売ることが仕事ではありません。あくまで家づくりを通して家族の幸せをつくることが仕事なんです。家づくりで抱えがちな不安を解消するために、500万円も変わる!?家づくり資金計画セミナーを年に数回開催(累計40組(80名))、月刊きらめき倶楽部(敦賀市総発行部数3万部)にはお役立ち情報コラムを毎月連載し、ブログは2013年4月から毎日更新中。
株式会社あめりか屋/専務取締役/一級建築士/1977年生まれ/福井県敦賀市

…というまじめな一面、実はおもしろいことが好きなただの食いしん坊です。仲良くしてやってください。

  • クリックするとお気に入りに追加します(IEのみ)
  • お気に入りに登録したく無い方はコチラ